料理とワインについて

ピノノワールの魅惑

個人的な好みの話です。

ワインは主に2000種のブドウ品種から作られますが、私がもっとも好きな品種は、ピノノワールと呼ばれる、フランス・ブルゴーニュ地方の代表的な品種です。

ピンノワールは、高貴で気難しい品種といわれ、育てるのも難しいそうです。

でも、上手に育てると、人を魅了してやまない奥ゆかしい香りと肉感的な飲み心地の、素晴らしいワインに仕上がります。

ただ、ブルゴーニュの良いワインは、高値です。気軽にのめるものではありません。日常的に楽しむなら、ニュージーランドのピノノワールや、ドイツのシュペートブルグンダー(ドイツでのピノノワールの呼び名)がおすすめです。

カリフォルニアやオーストラリアでも素晴らしいのはあるのですが、総じて、甘みが先だち、即物的な感じで、どうも飲み飽きます。ピノノワールの本質は、飽くことのない芳香性と、奥ゆかしさです。

一見、とっつきにくくても、飲み進めれば飲み進めるほど、虜になってしまう。

そう考えると、ブルゴーニュのピノノワールはやはり、別格です。シャンボールミュジニという、わずか300人弱の人口の小さな村から算出されるピノノワールは、なかでも非常に繊細で、優しく、奥ゆかしいワインが作られますが、それはそれは魅惑的なワインです。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!