料理とワインについて

冷凍という料理技術

冷凍についての知識は深めておかないといけません。

冷凍には、料理を革新的に創造する可能性があります。たとえば、表面はカリッと熱を加えたいけど、中はレアで仕上げたい料理。冷凍のまま加熱すれば、解決できることがります。

良く知られた技で、ハンバーグの生地の中に、凍らせた生卵を入れて焼くと半熟卵のように、トロッと焼きあがります。

冷凍が素材を凍らせる段階

肉や魚の冷凍物は、マイナス30度以下で全体の92%が凍り、マイナス35度では94%程度が凍り、マイナス50度だと99%が凍ります。

実は、マイナス30度未満だと80%程度しか凍っていないのです。

だから保管温度は、非常に重要です。普通の家庭用冷凍庫はマイナス18度前後ですから、肉や魚の長期保存は向きません。80%しか凍っていないため、水分は揮発し、蒸発していきます。

冷凍して、長期間保管した魚がパサパサするのは、それが原因です。

レストランHICOでは、マイナス60度の冷凍庫を設置する予定です。それがあるだけで、保管に有利なだけでなく、料理の幅が広がるからです。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!