高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

料理とワインについて

口に入れる量と味の強さ

投稿日:

食べ方でも料理の印象は変わる

料理を一度に口に入れる量というのは人それぞれです。

高級レストランでは、その量を調整する為、スプーンを小さくしたり、器を工夫したりして、少量ずつしか口に出来ないようにすることもありますが、いずれにしても、人により、気分により、料理により、口に含む量はそれぞれ異なります。

狙い通りの効果を出すためには、これを、理想通りの量で、口に運んでもらわなければなりません。

たとえば、ミネストローネ。

これはスープスプーンにバランスよく野菜が乗るように、素材の切り方には工夫が必要です。

スプーンですくったときに、人参、セロリ、じゃがいも、キャベツ、トマト、玉ねぎが、程よいバランスで乗るように、ということです。

スプーンから考える

そうとなれば、当然、スプーンの大きさは重要です。

大きければたくさん具材はのりますが、一度に口に含めません。

それに、口に含む量はその人の裁量により決まります。

かといって、小さいと野菜がのりきりません。

自分が、表現したい味わいのデッサンは、どんなスプーンを使うのか?

というところから始めないといけません。

そして、野菜の切り方をどうするか、ということになります。

ミネストローネは、一口サイズにカットされた野菜のスープというのがもともとの意味です。

また素材により、セロリ、人参のように型崩れしにくく固めの素材、玉ねぎのように、柔らかくしんなりする素材の大きさは変える必要があります。

口に入れる量と味の強さ

ミネストローネを例に書きましたが、口に入れる量と味の強さのバランスを理想どりに演出することが、私の考えるところです。

食べる人の立場にたち、もっとも美味しく感じてもらえるスプーンの大きさはどのくらいか、どのくらいの大きさに切れば、理想的な配分でスプーンに乗るか。

そこまで考えないと、感動する料理は作れないでしょう。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-料理とワインについて

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.