高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

料理とワインについて 魚を究める

パサつきがちな白身魚をふっくら仕上げる方法

投稿日:

鯛でもスズキでも、白身で脂の少ない魚は、上品で西洋料理でも好まれますが、下手に料理をすると、パサついて美味しくなくなります。

パサつく原因は、熱を加えることにより魚がもっていた水分が抜け、乾燥するから。

パサつかないようにするには、その水分を保つか、もしくは補うことでふっくら仕上げる必要があります。

その調理法が、蒸す、という方法。

ブレゼ

私の好きな白身魚の料理法に「ブレゼ」というフランス料理の技法があります。

簡単にいうと、蒸し焼き。蓋つきの鍋に、バターと白ワイン、魚をおいて、蓋をして中火で加熱します。

同じくらいの加熱時間で仕上がるように、野菜や、貝類を一緒の鍋に入れるのもいいですね。

シンプルで誰にでもできそうですが、どこで火を止めるかという判断、素材を見極めたうえでの塩の振り方、などでがらっと変わってしまう料理法です。

パサつかない根拠

魚に限りませんが、筋肉の構成は繊維状の筋原線維たんぱく質と球状の筋形質たんぱく質で満たされています。

加熱すると、最初に固まるのは筋原線維たんぱく質で、次いでそれを貼り付け合わせるように筋形質たんぱく質が固まります。

この状態は加熱により、身がかたく締まった食感です。

白身魚が他に比べるとパサつきやすく、ぼろぼろと崩れやすくなるのは、筋形質たんぱく質が少なく、筋線維たんぱく質をくっつけられないからなのです。

だからそこへ、水分を補ってやると、筋線維たんぱく質が水に浸かったような状態でしっとりとし、やわらかくなる。

また、加熱直後は身の温度が高く、組織に含まれる水分の一部が水蒸気になって体積が膨張している為、全体にふっくらします。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-料理とワインについて, 魚を究める

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.