お知らせ

経営理念を再設定しました

経営理念

人類が持続・発展・成長する原動力となる為、人生最高の食体験を提供する。

以上を、当店の経営理念として定めました。

経済活動に携わるということは、商品やサービスを通じて人が喜んだり、幸せになったりするという社会貢献をするということです。

楽しみとしての食を提供するレストランは、直接、世の中を変えることはできません

でも、食を通して届けられた体験価値が、ある人の原動力となって、人類に貢献するということは十分に起こりえます

人類はいま、世界的な人口増と、資源減少を前に、月へ移住する計画も含め、世界中が考え続けています。

日本だけを見ると、人口縮小社会ですが、世界的な問題として人口増は人類にとって大きな課題。

そうした人類が持続・発展・成長するために取り組む人や事業を、人生最高の食体験を提供することで、協力するのが目的です。

それが当レストランの貢献の仕方。

社会悪には手を貸さない

一方で、人類の持続・発展・成長に悪影響を及ぼす事業に協力することは、理念に反します。

ですから、そうした方のご来店はお断りしなくてはいけないでしょう。

「申し訳ございません。当店の理念に基づき、お客様のご来店をお受けすることは出来ません。」

そうしてお断りするケースもでてくるかもしれない。

開業した際には、ホームページに明記したいと思います。

100年持続するレストランになる為に

どうせ作るなら、100年持続するレストランにしたい。

100年という単位は、代を引き継いでいくと考えると、3世代分。

世の中の飲食店の99.99%は一世代で終わるレストランです。

それは、30年続くレストランが0.001%以下という統計が教えてくれています。

ということは、100年続く確率は限りなくゼロに近いということ。

でも、不可能ではないと思います。周りに言うと「そんなの無理だよ」と言葉にしなくても、表情でそう伝えてきますが、なぜそう言えるでしょう。

100年間、絶え間なくお客さんが来てくれれば成り立つはず。そうですよね?

その為のビジネスモデルやマーケティング、理念などを考え続けて分かってきたのは、どうやら100年続ける方法はありそうだということ。

外食産業はとかく浮き沈みの激しい業界ですが、他業種では、100年企業などざらにいいます。

飲食業界が持続しづらいのは属人的で、自分の利益だけを求めて活動する人が多いからです。

他の100年企業に学び、持続するやり方をコツコツと学び、他の真似できない独自の価値を創造していければできる。

挑戦します。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!