高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

ネットビジネス

グーグルアドセンスで月10万円稼ぐにはどのくらいPVが必要か?

投稿日:

グーグルアドセンスの収益

グーグルアドセンスからの収益考察

当サイトはネットビジネスが主体のサイトではありませんが、自らの経験と学びとスキルを独自のコンテンツとして育てたサイトに広告を掲載するのは肯定しています。

Google AdSense(グーグル・アドセンス)とは、Googleが提供する広告配信サービスのこと。運営しているサイトにコードを貼りつければ、サイトの内容に合った広告が自動で配信されるという、すごい仕組みです。

報酬は、広告をクリックするだけで発生します。

PV(※ページビューの略。どれだけページが見られたかということ)によっても多少発生しますが、クリックされるかどうかで、大きく変わる。

ただし、サイトにアドセンス広告を掲載するには、審査を受けねばなりません。その基準は年々厳しくなっているようです。

細かなルールもあるので、Google AdSense(グーグル・アドセンス)登録を目指す方は、こちらの「AdSense プログラム ポリシー」を熟読ください。

もし、アドセンスで月10万円稼ごうと思えば・・・

このGoogleが提供する広告配信サービスで、月10万円稼ごうと思えば、どのくらいサイトに集客しなくてはならないか?

試算してみようと思います。

ポイントは、クリック率と、クリック単価、そしてサイトに訪れてくれたユーザー数。

以上3つです。

クリック率

クリック率とは「広告をクリックした数÷広告を表示した回数」で計算されます。

1%なら、広告が100回表示されたときに1回クリックされるということ。

Googe AdSense(グーグル・アドセンス)の場合、平均は0.4%といわれていますが、中には5%という人もいます。

クリック単価

クリック単価は、名前の通り、1回のクリックあたりいくら報酬が発生するかということ。

平均は20~30円だそうです。

この単価を上げるには、広告をクリックしたユーザーが実際に購買に繋がっていればいるほど、高くなります。

理由は、Googleに広告を掲載する企業にとって、よく売ってくれるサイト程、評価するからです。

Googleは独自のアルゴリズムで、その成果を計ります。

ユーザー数

サイトに訪れてくれるユーザーが多いほど、当然、報酬はあがります。

同じクリック率がたとえ1%でも、ユーザー数が10000人なら、100回クリックされますが、ユーザー数が100なら、1回しかクリックされないということです。

この3つの要素は、レストランに置き換えると、顧客数×単価×リピート率=売上、という公式と同じです。

アドセンスで月10万円稼ぐための目安

ではさっそく、ご紹介します。

下記はグーグルアドセンスからの収益を、クリック率、クリック単価、ユーザー数を元に試算したデータです。

グーグルアドセンスからの収益早見表

クリック率 クリック単価 ユーザー数(月間) 報酬
0.4% 25円 1,000,000人 100,000円
0.5% 25円 800,000人 100,000円
0.6% 25円 666,667人 100,000円
0.7% 25円 571,429人 100,000円
0.8% 25円 500,000人 100,000円
0.9% 25円 444,444人 100,000円
1.0% 25円 400,000人 100,000円
1.1% 25円 363,636人 100,000円
1.2% 25円 333,333人 100,000円
1.3% 25円 307,692人 100,000円
1.4% 25円 285,714人 100,000円
1.5% 25円 266,667人 100,000円
1.6% 25円 250,000人 100,000円
1.7% 25円 235,294人 100,000円
1.8% 25円 222,222人 100,000円
1.9% 25円 210,526人 100,000円
2.0% 25円 200,000人 100,000円

もしクリック単価が25円で、クリック率が0.4%なら、100万人のユーザーを集めなくてはなりません。

月10万稼ぐのを目的なら、1日あたり3.3万人のユーザーを集めなくてはならないということです。

ということは、3.3万人の需要を掴まないとならない。

当サイトをモデルにそういう視点で考えると「高尾」「グランピング」「レストラン」という検索でそれだけのユーザーが集まるか、というと、まず無理でしょう。

では、年間260万人が訪れる「高尾山」というキーワードなら?

もし登山する人すべてが検索してサイトを訪れてくれたとしても、月間21万人。

100万人のユーザーを集めるには程遠い。

もっと大きなニッチ(すき間市場)を狙う必要

当サイトは、料理、ワイン、経営、マーケティング、戦略、マネジメント等、主に持続性のあるレストラン運営のコンテンツを提供しています。

それらを複合的にかけ合わせて、月間100万人のユーザーを集められるか?

そこが焦点です。

いわゆるアフィリエイトの教科書的な教えでは、隠れた需要のある独自コンテンツの絞り込みが必要とあります。

大きなニッチを狙え、ということです。

想定キーワード別検索ボリューム

すごく便利なサイトがあって、キーワードの検索ボリュームを調べてくれるサイトがあります。

http://aramakijake.jp/

信憑性の程はわかりませんが、以下、調べてみました。

キーワード Google月間検索ボリューム
高尾 16290件
高尾 ランチ 430件
高尾 ディナー 77件
高尾 ホテル 969件
高尾山 ホテル 430件
高尾山 登山 8910件
グランピング 121500件

以上からわかるのは、高尾関連のキーワード検索は、極めて少ない、ということです。

年間260万人、月間21万人が平均して訪れる山でありながら、検索されてるのは実質3万件程でしょうか。

1日あたり3.3万人集める必要があるのに、これは残念な結果です。

爆発した時は独占状態?

しかし、視点を変えてみると、いまこれだけ少ないということは競合も極めて少ないということで、たとえば「高尾 グランピング」という需要が一気に盛り上がってきたとします。すると、検索市場は、当店の独断場。

まあ、それは現実的にないでしょうが、いま検索数が少ないからと言って、焦らなくても良いと考えています。

状況が変われば、一気に変わるはず。

未来を見据えて、どんな需要を狙うか、しっかり考えていきます。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-ネットビジネス

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.