高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

ネットビジネス

キーワード検索数と記事ボリューム

投稿日:

キーワード検索で上位表示されるために

ホームページを立ち上げている以上、人に見てもらわないことには、意味がありません。

人に見てもらうには、大きく分けて3つあります。

1.SNSで拡散する

2.広告を出す

3.上位検索される

SNSで拡散する

facebookやtwitterと連動させることで、見てもらう可能性が高まります。

「いいね!」しているfacebookページや、フォローしているtwitterページならタイムラインに露出しますし、facebookでは誰かが「いいね!」をしてくれたら、その友達にも拡散されます。

広告を出す

リスティング広告というものがあります。

インターネット検索したときに、検索結果に表示される広告ですね。

こういう形で、サイトに訪れてもらうことも可能です。

上位検索される

今回、メインで書きたいのが、上位検索されることです。

上位検索されるためには、SEO対策が不可欠。

SEO対策とは検索エンジン最適化のこと。

これを内部、外部共に整えていくことで上位検索されやすくなります。

そもそも検索エンジンとは

検索エンジンは、たとえばGoogleですと、検索アルゴリズムというプログラムがあり、検索キーワードに応じて独自の採点(スコアリング)をしてユーザーにとって最適な検索結果を表示する仕組みです。

Googleではこの検索アルゴリズムの精度を改善し、常にユーザーに必要な情報を届けられるよう、日々、進化させています。

最近では、AIベースのアルゴリズムの導入したそうで、ユーザーの検索するキーワードや、言語を精度を高く理解・解釈ができるようになりました。

ユーザー目線でいかに考えられるか

以上を踏まえると、上位検索される最も重要なポイントは、いかにユーザー目線で考えられるか?

それにつきます。

ユーザーにとって、役に立つコンテンツかどうか。

それをGoogleは、AIに判断させようとしています。

キーワード検索

では、どうやって、上位検索されるようにサイトを構築していくか。

大事なのはここです。

上位検索されるには、ユーザーがどんなキーワードを入力した時に、自分のサイトが表示されるかを突き詰めて考える必要があります。

そんな時、知っておきたいのが、キーワード検索数。

http://aramakijake.jp/

月間の検索ボリュームをすぐに教えてくれます。

記事ボリューム

上位検索されるには、多少、戦略的にならなければなりません。

狙ったキーワードの月間検索数を調べたら、次はどんな記事を書けばいいのか?

答えは、月間の検索数にあります。

もし、月間100以下であれば、その検索キーワードで検索されてくる中でも最もわかりやすい、ユーザー目線の記事をひとつ、書けば良い。

100~1000でも、とことん周囲を分析したうえで、優良な記事ひとつで、上位検索は目指せます。

ただ、1000を超えてくると、ひとつの記事では難しくなります。

複数の記事を書き、そのキーワード内で、ユーザーが知りたい情報を網羅していくのです。

狙ったキーワードの月間検索数

このサイトで、狙っているキーワードの月間検索数を調べてみました。

キーワード Google月間検索ボリューム
高尾 16290
高尾山 ディナー 33750
高尾 レストラン 4525
高尾 ランチ 430
高尾 ディナー 77
高尾 ホテル 969
高尾山 ホテル 430
高尾山 登山 8910
グランピング 121500
飲食店 331200
飲食店 経営 8910
開業 7290
レストラン 1350000
レストラン 経営 430
レストラン ランチ 232
レストラン ディナー 430
八王子 レストラン 793
マーケティング 54450
戦略 13320
148500
魚 レシピ 16281
ワイン 99000
ソムリエ 10890
カルツォーネ 1650
ネットビジネス 19980

ここから私が選択する戦略は、各個撃破です。

一気に全部やるのではなく、やりやすいところからひとつひとつ、クリアしていくのです。

つまり、検索ボリュームのすくないキーワードから順に、記事を書いていき、そのキーワード検索で上位に表示されるよう、工夫していく。

それを重ねていけば、多くの方に訪問してもらえるでしょう。

そう考えています。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-ネットビジネス

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.