ネットビジネス

ワードプレスに決済機能を追加する

ワードプレス(Wordpress)で決済機能を追加する方法として、以前、STORES(ストアーズ)を利用した設置の仕方をご紹介しました。

ワードプレスでプラグインを使わず、決済機能を追加する方法(要注意アドバイス付)ワードプレス(Wordpress)で決済機能を追加するには、大きく2つあります。 ワードプレスサイトに組み込む方法 外部...

STORESを利用した決済は、シンプルで分かりやすく、コストも最小限に抑えられるのですが、コンサル業、カウンセリングなどで決済を行いたい場合、利用できません

その場合、stripe連携がおすすめです。

ワードプレスのプラグインを活用してクレジットカード決済を導入する方法です。

ワードプレスに決済機能を追加する

クレジットカード決済というとPayPalもありますが、決済側もPayPalアカウントが必要になるので、paypalアカウントを持っていない人は決済できません。

stripe利用ならアカウント登録は不要ですから、幅広いユーザーに対応できます。

Stripeとは

Stripeは、アメリカを拠点に世界36カ国に決済サービスを展開する企業です。

Stripeのサービスを使えば、個人・法人問わず Web上でクレジットカード決済機能を活用できます。

ワードプレスで製作しているサイトなら、導入もカンタン。

Stripe の特徴
  • 手数料 3.6%
  • 個人でも利用可
  • 入金サイクルが早い
  • 比較的分かりやすく導入しやすい
  • クレジットカードの他に 銀行振込や Apple Pay なども対応
  • コンサル、カウンセリングなどの無形サービスでも利用できる

では、順番に設置の仕方を見ていきましょう。

Stripeのアカウント登録

まずは Stripe にてユーザー登録。

アカウント登録すると、下記のようなマイページが表示されます。

赤枠で囲んだ「本番環境利用の申請」をします。

  1. 事業情報
  2. 事業詳細
  3. サポートの詳細
  4. 銀行口座情報
  5. 2段階認証
  6. 税額計算
  7. Climateの寄付

それぞれガイダンスに従って、必要な情報を入力すればOK。

Stripeプラグインのセットアップ

続いて、ワードプレス管理画面。

WordPress のプラグイン検索で 「Stripe」を検索してみてください。

10種類ほど該当プラグインが検索されますが、インストールしていただきたいのは下記のプラグイン。

1年以上更新していないプラグインは避けてください。
Stripe は個人の大事な情報をやり取りするプログラムになので、できるだけ新しいプラグインを使うようにしましょう。
古いタイプは、決済処理の JavaScript コードなどが違ってきます。

インストールしたら 「Stripe Payments」 を有効化します。

管理画面左サイドバーの 「Stripe Payments → 設定」 を開き、以下を設定します。

一般設定
  • 通貨 ➡ 日本円(JPY)
  • 通貨記号 ➡ 「¥」あるいは「円」
  • ボタンテキスト ➡ 「カートに入れる」「申し込む」など
  • 言語 ➡ Japanese
高度な設定
  • 通貨記号の位置 ➡ ¥なら「左」、円なら「右」
  • 小数点以下の桁数 ➡ 「0」
  • (推奨)利用規約と条件を有効にする ➡ チェックボックスに✔
  • (推奨)チェックボックスのテキスト ➡ 利用規約に同意する

上記は、必要最小限の設定です。

他にもメール文面など様々な設定があるので、必要に応じて設定してください。

ただし、これだけではまだ、決済機能は使えません。

StripeとAPI連携します。

StripeとAPI連携

Stripeの管理画面に戻り、右上の「開発者」ボタンをおして、左メニューから「APIキー」を選択すると、下記のような画面になります。

必要な情報は「公開可能キー」と「シークレットキー」。

※まずはテスト環境で動作を確認したい場合は、右上の「テスト環境」ボタンをONにします。

この2つを、下記ワードプレスの「Stripe Payments → 設定」の<一般設定>に入力すればセットアップ完了です。

Stripeで商品登録

販売したい商品は、「Stripe Payments → Products」から登録します。

登録については、ワードプレスの基本的なページ更新方法と一緒なので割愛。

ワードプレスの超基礎講座(これだけできれば、最低限の更新はできる!)ワードプレス(Wordpress)でのサイト構築は、プロにお任せした方が良いのですが、日々の更新はやはり、事業者自身でしていく方が良いの...

まとめ

小規模決済を手っ取り早く採用しようとするなら、「Stripe」は有効な手段です。

ただStripe 本体のバージョンがどんどん更新されるので、プラグインの処理が追いつくのか不安は残ります。

情報は常にアンテナはっておきましょう。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!