スポンサーリンク

人を育てること

徳川家康の人材マネージメント

投稿日:

徳川家康という人は、ずば抜けた能力はなかったのに天下を取れた。

らしい・・・。

そんなわけない、と思う一方、ではなぜ天下をとれたのか、興味が湧きました。

少なくとも265年という、長期政権を築いたわけです。

その仕組みの礎は、家康がほとんど作ったというから、只者ではないと思うのですが・・・

100年レストラン事業を築く身としては非常に気になります。

家康の理想の人材像

こんな逸話が残ってます。

素手で刃物を獲る馬鹿」という話。

あるとき、家康の居城、浜松城で気の狂った者が無差別に太刀を振り回し暴れ始めた。

人を見ると傷つけ、城内は大騒ぎ。

そこへ太刀をかわしながらスルスルと懐に入り、素手でその狂った者を押さえつけた武人がひとり。

周囲は手をたたいてその者を讃えて、当然、家康も褒美を出すものと皆が思ったところ、家康は何といったか?

「そのたぐいの者、当家にとっては無用である」

ヒーローはいらない

家康によれば、刃物に対して素手で立ち向かうような人に大事は任せられないという。

刃物には刃物、もしくはしかるべき道具を用意するとか、大勢で取り囲むとか、工夫をこらすべきで、しかるのちに大事に至ることなく捕らえるのが徳川家が求める侍だというんですね。

素手で捕えようとする魂胆は自分への称賛欲しさにやる馬鹿がやることで、自分が目立つことしか考えていない

そういう者に軍勢をあずけたらどうなるか?

自らの褒章のために抜け駆けし、身勝手に戦をして、ついには全軍の崩壊を招く要因を作るかもしれない。

ヒーローはいらない、というのが家康の考えだったようです。

具体的な指示は与えない

本多平八郎忠勝は、家康について、こう語っています。

「わがあるじは、ハキとしたことは申さざる人」

家康の指示の与え方はとてもおおざっぱで、あとは当人や裁量に任せることが多かった。

だから部下は、具体的にどうするのか考えざるをえません。

現代で推奨されている指示の与え方とは真逆です。

いまは具体的に指示を与えないと、人は動かない。

いや、順序だって説明しないと、動けなくなったのか。

2つの学び方

新人を教える時、その人が伸びるかどうかは初日でだいたいわかります。

教えられたことを教えられたとおりにやるか、それとも自ら工夫しようとするか。

伸びる人はたいがい後者です。

家康が求める人材もおそらく後者であったでしょう。

経営者が何から何まで考え、指示を出していたら、組織が成長するスピードは鈍化します。

 

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-人を育てること

Copyright© HICO'S BLOG , 2020 All Rights Reserved.