高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

人を育てること

一流は、続ける

投稿日:

以前も書いたことがありますが、たとえ小さなことでも、日々、続けているととんでもないところへ行ける。スポーツ選手でも、野球の大谷翔平選手、イチロー選手、サッカーの本田圭祐選手。一流のプレイヤーは、才能だけでなく、努力する天才であると自身では考えている節があります。

彼らは、日々、何をしているか。

共通しているのは、1日の終わりに、その日のことを振り返り、出来たところ、練習するべきところ、課題と改善を、毎日、考え続けたこと。実際にやってみるとわかりますが、慣れるまでは毎日続けるのは結構、大変です。私も眠い目をこすって、なんどペンを持ちなおしたことか。

翌日見ると、何を書いているのか、まったくわかりません。これではダメです。

誇りは、トイレ掃除と筋トレ、そしてブログ

私が人に誇れるのは3つあります。

トイレ掃除と筋トレ、そしてこのブログ。この3つは毎日、行っています。正確には、毎日、行っているのと同じことをしています。

というのは、どうしても出来ない日だって出てきます。その時は、出来なかった日の分を、別の日で調整するのです。たとえば筋トレなら、できなかった日の分は、翌日、ないし翌々日に行い、均質化すると毎日やっていることになるということ。

ここのところ、本業に副業に忙しく、この開業奮闘記もやや遅れ気味です。しかし、毎日更新する、と宣言したからには、やらなくてはならない。

もうそろそろ開業奮闘記もはじめて1年経ちます。いよいよ、具体的に動いていく年。ぞくぞくします。こうして動き出す一歩には、きちんと宣言したことを継続していたということが確かな自信になる。

これを実直に続けていくのです。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-人を育てること

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.