高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

遊び心

食卓の小人

投稿日:

絵本を作ろうかな、と思ってます。

先だって、紹介していたイタリアの道化師プルチネッラをモチーフにしたキャラクターで、題して『食卓の小人』。

>>>プルチネッラについてはこちら

ストーリーは読者に想像してもらえるように、あまり多くの情報は入れません。シュールな感じの絵本で、子供に読み聞かせるというよりは、大人が読んで、ふと、目を閉じ、想像の世界でクスッと笑えるような、印象のものにできたら良いなと思います。

主人公は、もちろん食卓の小人。

彼は白いだぼっとした道化師の衣装で、ほうきを常に持ち歩いています。でも、掃除は一切しません。ほうきは、掃除をするためのものではなく、わかりやすくいうと、ファッション。見せかけでありながら、彼らにとっては、持っていなかったら落ち着かない相棒です。

彼らはとにかく、食卓のサービスが大好き。フォークセッティングから、ワインを注ぐのも、オリーブオイルをかけるのも、よろこんでやります。それ以外のことは一切やらず、のらりくらり、だらだらしてるのですが。

もちろん、自分たちが飲み食いするのも大好き。特にワインには目がありません。グラスを傾け、物思いにふける時間がこの世で最も美しい時間だと思っているようです。

食べて、飲んで、謳って、遊びまくる。ただ、どこかに陰があって、それがかえって、能天気な明るさを印象深いものにする。

そんな設定です。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-遊び心

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.