高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

開業準備

高尾山観光客向けの貸ロッジ

投稿日:

 

グランピングレストラン。

それが当店のコンセプト案の有力なひとつでした。

資金が順調にたまれば、宿泊可能なロッジを作り、前夜はレストランで料理を。

翌日は高尾山を楽しんでもらえるような流れを作りたい。

というのは、高尾山周辺に、宿泊施設は少ないんですね。

ラブホテルしかありません。

インバウンド需要も狙える、アウトドア色の強い貸ロッジが良いなと考えてるのです。

 

理想はログハウス

ロッジは、シンプルなログハウスで、6人がゆったりできればいい。

設備はごくシンプルにします。

空間は提供しますが、サービスは基本、しません。

レストランで徹底する。

それなら、運営していけます。

簡易宿所営業

上記は法的にいうと、簡易宿所営業スタイル。

「宿泊する場所を多数人で共用する構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業」

のことです。

これにあたります。

朝食をだすか?

朝食をだすかどうかは、悩むところです。

お客さんからしたら、あった方が良い。

周辺で、朝食をとれそうなところはないからです。

しかし、朝食をつけるとすると、労働時間がかなり長くなります。

仕込みも大変。

お土産として渡す?

ならば、お土産として、渡すのはどうでしょう?

レストランで食事を終えた後、明日の朝食や、登山でおなかすいた時、食べてもらえようなものを渡す。

きっと、ファンになってくれるでしょう。

 

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-開業準備

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.