スポンサーリンク

開業準備

東京・あきる野市のグランピング施設「秋川渓谷 お泊りBBQ GLAMPING SITE」

投稿日:

秋川渓谷。

むかし、家族でキャンプに行ったことがあります。

側の皮で、山女魚が釣れました。

まだ中学生にもならないころでしょうか。

大自然に囲まれて、清冽な空気の中を跳ねる魚のきらめきを今でも覚えてます。

この秋川渓谷に本格的なグランピング施設があります。

http://www.bbqrentalakiruno.com/glamping.html

秋川渓谷 お泊りBBQ GLAMPING SITE

先だって紹介した、東京・あきるの市のグランピング・オーベルジュ「WOODLAND BOTHY」といい、あきる野市は、その恵まれた自然を活用して、グランピング施設が出来ています。

東京都心からわずか1時間で、都会では経験しえない、空気を感じれます。

施設

グランピングは、glamorous(魅惑的な)camping(キャンピング)をかけ合わせたリッチでラグジュアリーなキャンピングの総称ですが、その振れ幅は広い。

「秋川渓谷 お泊りBBQ」はGLAMPING SITEというだけあって、「WOODLAND BOTHY」よりもキャンピング感が強いです。

食事も、BBQがメインですね。

グランピング・オーベルジュ「WOODLAND BOTHY」は実際にシェフが料理してくれますが、こちらはBBQ。

でも、寝具やアメニティも充実してるようですので、手ぶらで気軽にアウトドア気分を満喫するには、こちらも面白いと思います。

露天風呂つき!

グランピングサイトのうち、「Glamping A」には6人が一度に入れるほどのサイズの露天ジェットバスを完備しているようです。

これこそ、ラグジュアリーなキャンプ。

当店も料理がメインのグランピング・レストランを考えてますが、露天風呂は欲しいな、と思っているのです。

もし宿泊するなら、お風呂はかかせません。

高尾山には、高尾山温泉というのがあって、そこを利用してもいいのですがわざわざ移動していただくのも、億劫です。

http://www.takaosan-onsen.jp/

アミューズメント

もうひとつ、秋川渓谷の魅力は、渓流釣りですよね。

リッチなBBQやキャンピングに加え、アミューズメント的な要素があるとファミリーでも楽しめます。

それも、魅力です。

日常と違う時間を過ごすこと

グランピングにしても、グランピング・オーベルジュにしても、グランピング・レストランにしても、お客様が体験するのは非日常的空間。

忙しい日々で忘れてしまいがちな大事なこと。

時間の流れ方も違う自然の中で、思考を休めることは、そうしたことに気付かせてくれるひと時でもあります。

だから、私たちは日常を感じさせてはいけません。

ここは、日常からの隠れ家であってほしい。

大人のかくれんぼ空間。

それが、私の求めているグランピング・レストランです。

 

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-開業準備

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.