開業準備

圧倒的な設備と知名度のグランピング施設「星のや富士」

写真を見たとき「あ、やられた・・・」と思った空間づくりがあります。

圧倒的な設備と知名度を誇る星野グループのグランピング施設『星のや富士』。

レストランとなる建物からガラス超しに見える景色。

たき火の揺らめきと、木々が織りなす誰も逆らえない自然のデザイン。

音楽は、川のせせらぎと、共に過ごす人との話し声だけ。

こんな空間を作りたいと思っていました。

それに近いのが、この写真でした。

今にも、この世界に吸い込まれそうなあこがれがある。

粋な言葉づかい

ホームページにある文章も味わいがあります。

その斜面を歩きながら、視線は足元を見つめる。

そこには土があり、草が生え、樹木が伸びている。

深く息を吐きながら、草木に視線を這わせて天を見上げる。

葉の形状がそれぞれ違い、針広混交林であることに気づく。

赤松の枝と紅葉の葉に遮られ、影が顔に落ちる。

太陽光の角度を意識すると、1日の見え方が変わった。

自然が魅せるあらゆる些細な瞬間に、目を見開いていく。

―――星のや富士ホームページより抜粋

まるで、小説の一節。

森を食べる

ここでは、一年中、ジビエ料理を味わえる。

鹿もイノシシも、季節により味が違うそうです。

考えてみれば当然。

魚だって、春の鯛と、秋の鯛は違います。

本来、自然とはそういうもので、誰も逆らえない法則なんですね。

だから『星のや富士』の語り手は、こう言う。

ジビエは、森を食べているに等しい。

さすが。

世界観の作り方がすごい。

あまり私が語らずに、こちらをご覧になっていただくのがよさそうです。

https://hoshinoya.com/fuji/

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!