スポンサーリンク

開業準備

循環する設備

投稿日:

レストランのキッチンは、機能的で、エネルギーを無駄にしない作りができたら良いなと思っています。

たとえば、水。

水は、蛇口をひねれば当たり前に出てくるイメージがありますが、いずれ有料になるとも言われています。そうでなくても、食を仕事にする以上、資源を大事にする使命は、背負っていかないといけないと思います。

お湯を沸かすと水蒸気があがります。その水分は、大気中に消えてしまう。これを換気扇で、外に出すのではなく、洗い物の水に使えるようドーム型の屋根をつくり水がたまるようにするのはどうでしょうか。

また、石窯を導入する予定ですが、石窯の熱エネルギーは、冬場なら暖房として、夏場は電気に変換できる変換器を導入すれば、冷房として使えるかもしれません。

高尾は、緑あふれる自然ですから、風、川、太陽等、自然の力も借りることも出来そうです。

機能的な厨房

キッチンは、考えうる限り機能的にします。冷蔵庫、シンク、作業代はすべて移動式。仕込み次第で、レイアウトが変えれるように。季節によって、冷凍庫と冷蔵庫を入れ替えたりできるように考えたいですね。

床はとにかく掃除が楽なように、多少の傾斜をつけるかもしれません。ボタンを押すと水が流れて、勝手に床掃除してくれたり。

包丁置き場は、こだわりたいです。用途に応じた、長さ、種類の包丁が置けるように、広く取ります。お客様からは見えるように。デザインを凝らして。機能とデザインを兼ね備えた設計にします。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-開業準備

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.