開業準備

生ハムセレクトショップ計画②

原木生ハムの販売を考えています。

どのように販売すれば、欲しがっているお客様のもとへ届けられるか、マーケティングの4Pをもとに仮説を立てていました。

>>>生ハムセレクトショップ計画①

4Pとは

「」
PRICE(価格)

PLACE(流通)

PRODUCT(製品・商品)

PROMOTION(プロモーション)

上記の頭文字をとって、4Pといいます。

前回、PRICEとPLACEについてまとめましたので、PRODUCTとについて、書きます。

PRODUCT

原木生ハムは、スライス済みの生ハムと比べ、香りのボリューム感がまったく異なります。スライス済みの生ハムは、輸入物となると、保存料や添加物などたっぷり含まれて、パックされています。当然、生ハム本来の香りも損なわれ、風味も欠けます。

でも、原木生ハムをご存知ない方にとっては、その感覚はなかなかわからないものです。製品から見た強みも、弱みも、そこにある。

スライスした生ハムで十分。そんな人の方が多いでしょう。わざわざ、保存、切り方、扱い方の難しい原木生ハムを買う理由がどこにあるのか。その動機付けをしっかりしておかないと、まったく売れないだろうことは容易に想像できます。

>>>生ハムセレクトショップ計画③

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!