スポンサーリンク

開業準備

生ハムセレクトショップ計画①

投稿日:

原木生ハムの販売を考えていますが、どのように販売するか、正確にはどのように販売すれば、欲しがっているお客様のもとへ届けられるか、ということを考えています。

マーケティングの基本は4Pだといいます。

4P

「」
PRICE(価格)

PLACE(流通)

PRODUCT(製品・商品)

PROMOTION(プロモーション)

上記の頭文字をとって、4Pといいます。

PRICE

リサーチしないと確定的なことはいえませんが、生ハムの原木販売としては、価格で勝負するつもりはありません。価格勝負は資金に余力のある大手の戦略です。

私は後々、レストランを開業し、通販を始めた時の為にも、いかに付加価値をつけて、販売できるかに挑戦しようと思います。良いものは相応の値段をつけなければ、そこにかけられたコストも、生産者の思いも、無駄になります。高値でも販売できるスキルをつけなければならない。

PLACE

PLACEでも容易な方法はとりません。楽天や、ヤフー、アマゾンで売れば、売りやすいでしょう。でも、他と比較され、価格競争になることが否めません。だから、オリジナルサイトでのみ、販売します。

理由は、この生ハムの魅力を十二分に伝えられるから。そして、販売者(=私)とお客様との信頼関係を構築できれば、末永く良いお付き合いができるでしょう。少なくても、確かな関係を築く為にもオリジナルサイトでのみ販売するつもりです。

PRODUCT、PROMOTIONについては、次回書きます。

>>>生ハムセレクトショップ計画②

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-開業準備

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.