開業準備

贈り物用ワインをお選びします

独自の経験則から得たスキルをお役に立てる

以前「ココナラ」というサイトを紹介しました。

>>>人の役に立てるスキルはないか?

これまで積み重ねてきた経験、スキル、知識を、必要としている人と繋げてくれるサイトです。

実際に稼げるかどうかは別にして、非常に共感できるコンセプトです。

売り手側にとっては、自分のスキルが誰かの役に立ち、それが少しでもお金になるなら素晴らしいことですし、買い手側にとっても、必要な成果を安く買うことができれば有り難い。

中には詐欺まがいの案件もあるかもしれませんが、それを見抜く目さえあれば、win-winの関係を築けるはずです。本当にこんな価格でやってくれるの?というサービスもあります。

ホームページ製作のスキル

私自身はホームページ作成のスキルを出品しています。

>>>https://coconala.com/services/277217

この『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』のサイトがまさにそうなのですが、もともと、夢の実現のために作り始めました。そこには、自分なりの強い想いがありました。

同じように、想いはあるけど、どう形にしていいのかわからない、HPがほしいけど、コストや労力、維持費がかかるのでは、とお考えの方もいらっしゃると思います。そういう方のお役に立てればと出品しました。

シニアソムリエのスキル

それと、新たにシニアソムリエとしてのスキルを活かし、ワイン選びのサポートを出品しました。

>>>https://coconala.com/services/289778

贈り物をされる際、ワインは素晴らしい選択だと思います。でも、ワインを飲まれない方にとっては特に、どんなワインを選べばいいのか、わからないでしょう。

インターネットでもさまざまなワインが売られていますが、贈り物で喜ばれるワイン、相手の好みに合ったワインを選ぶのは、ワインを日ごろ飲まれる方でも難しいと思うのです。

私はソムリエとしての経験の中で、どうすればこのお客様にとって、一生忘れられないほどのワインを出せるかを考えてきました。お店を出て、家に帰り、ふと「あ、今日のワイン美味しかったな」と思い出してもらうには、どうすればいいのか。

経験則から得た独自データ

そうした中で、面白い法則をいくつも発見しました。

お客様ご自身、自分のワインの好みを理解している方は少ないのです。だから、潜在的に、お客様が欲しているワインを提供できれば、かなりの確率でファンになってくれる。それには、どんなワインが好きか?よりも、お客様のことをどれだけ知れるか、観察できるかが重要になってくるのです。

たとえば、40代の男性で、身体が大きく、声が通り、眉毛の太い方は、こってりとしたワインを好みます。

また、50代の女性で、髪が長く、明るめに染めていて、毛先をややカールさせた方は、繊細なワインを好みます。

そんな経験則から得た独自データが、いくつもあることに気付いたのでした。

今回出品したのは、その経験を活かしたスキルです。

>>>https://coconala.com/services/289778

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!






お金も才能もない僕が「100年レストラン事業」を成功させるため愚直に考えたことを定期的にメール配信します。