スポンサーリンク

開業準備

1000万稼ぐ戦略その1

投稿日:

1年で1000万稼ぐ策・・・

①月間300万円分の懸賞金狙い②本業で成果を上げ給与に反映させる③すべての行動を収益化

今日は①月間300万円分の懸賞金狙いについて考えます。

懸賞金を狙う

懸賞生活というサイトがあります。(https://www.knshow.com/)

抽選やクイズ、アンケートなどラッキーで当たる懸賞もありますが、川柳や俳句、エッセイ、写真、小説などコンテスト形式でもらえる懸賞もあります。私が狙うのは主に後者。

たとえば「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」(https://www.itoen.co.jp/new-haiku/rules_regulations/index.html)。これはトップの賞金50万です。

また、「危険物安全週間推進標語」(https://www.zenkikyo.or.jp/anzen/hyougo.html?ru9ocm7pax7v9dar)は賞金20万。「全国統一防火標語」(https://www.sonpo.or.jp/news/release/2016/1609_01.html?utm_source=kobo&utm_medium=ad&utm_campaign=2016)は10万。

こういったコンテスト形式の懸賞は結構ありますから片っ端から応募していきます。

ほんとに大丈夫?

それで1000万稼げる?

難しいと思います。

ただ、最低でも年間360万は稼げると考えています。実はコンテスト形式の勝率は現在のところ1割。10件応募して1件、通る。

もし月間300万円分を狙っていけば年間で3600万円分、勝率が1割のままいくのなら360万円いける計算です。

応募自体は月に半日あれば十分。6時間で30万稼げるならやっても良いでしょう。

さてさて、どうなるでしょうか。良くも悪くも結果は『奮闘記』で書いていきます!

楽しみにしていてくださいね。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-開業準備

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.