セールスライティング

『10倍売れるWebコピーライティング』バズ部(キャッチコピー編)

売れるセールス、コピーライティングには共通項があります。

それは、顧客の心理に沿った構成になっているか?

構成とは、誰に、何を、どの順番で語るか、ということで、これがとても重要です。

どんなに美味しいパスタが作れたとしても、「素材にとことんこだわってます。とにかく美味しいんで食べてください!」と頭を下げられても食べようという気にはならないでしょう。

でも、こんな風に言われたらどうでしょうか?

「おふたりでシェアされるなら、無料で大盛りに出来ます。2皿頼めば、2つの味を楽しめますよ。」

カップルのお客さんなら、後者の方が「食べたいな」という気持ちになると思います。

ただし、上記の例は、セールスでいえば「つかみ」、コピーライティングでいえば「キャッチ」です。

顧客に商品・サービスを選んでもらうためのきっかけにすぎません。

では、このあとどの順番で語れば、成約率があがるのか?

そのことについて、論理的に書かれた名著がこちらです。

10倍売れるWebコピーライティング [ バズ部 ]

『10倍売れるWebコピーライティング』(キャッチコピー編)の要点まとめ

本書は、Webで商品・サービスを販売するための指南書です。

誰に、何を、どの順番で描けばいいのか。

具体的に、しかも完結に書かれています。

長くなるので、ここでは主にキャッチコピーについて要点をまとめました。

キャッチコピー

コピーライティングでもっとも大事な要素は何か?

それは、キャッチコピーです。

読んでもらえなければそもそも意味がありません。

キャッチコピーの最も大きな役割は、次の文章を読んでもらうこと

これに付きます。

では、どんなことを書けば良いのか?

キャッチコピーで表現すること

人が商品・サービスを「買う」のは、大きく分けて2つの動機があります。

ひとつは、快楽を得るため

もうひとつは、苦痛を避けるため

逆にいえば、それ以外の理由で、身を粉にして稼いだお金を支払うことはほとんどありません。

キャッチコピーは、いずれかの要素を持たせる必要があるわけです。

それを、端的にいうと「ベネフィット」といえるでしょう。

人は、自分に影響のないものに関心をもちません。

次の文章へ読み進めてもらうためには、「あなたの関係があることですよ」と思わせなくてはならない。

そのために必要なのは、事前のリサーチです。

キャッチコピーを作るためのリサーチ

ターゲットの選定

ターゲットの選定は、2つの観点から行います。

人口統計データから見る、デモグラフィック分析と、心理学的変数から計るサイコグラフィック分析です。

デモグラフィック分析

– 年齢
– 性別
– 世帯規模
– 所得
– 職業
– 学歴
– 住所

サイコグラフィック

– 価値観
– 仕事
– お金
– 家族
– 人間関係
– 健康
– ライフスタイル
– 都会or 田舎
– 仕事or趣味

ベネフィットの選定

ベネフィットとは、商品・サービスを手に入れることによって、得られる未来。

顧客にとって、もっとも関心のあることです。

手順

1.30個書き出す
2.ターゲットに響きそうなものを5個えらぶ
3.人に聞く「この5つの中でどれが一番だめですか?」

キャッチコピー7つの型

ターゲット、ベネフィットの選定ができたら、以下、7つの型にはめます。

①証言型

~するだけで、~になりました。

例>英語が苦手な私でも字幕なしで映画が見れるようになりました

②質問型

~で、~できるって本当ですか?

例>字幕なしで映画が見られるようになるって本当?

③提案型

~で、~する方法があるのですが・・・

例>たったの1か月で字幕なしで映画を見られる方法があるのですが・・・

④断定型

私に~をください。そうすれば~になります。

例>私に1か月いただければ、字幕なしで映画を見られるようにしてみせます

⑤限定型

~で、~したいあなたへ

例>たったの1か月で、字幕を見られるようになりたい学生のあなたへ

⑥教育型

~するために、~する必要はありません

例>字幕なしで映画を見るために何か月も勉強する必要はありません

⑦予言型

もし~しなければ、~になります

例>1か月後、あなたは字幕なしで映画を見られるようになります

キャッチコピー周りの見せ方

①簡便性を表す文言

効果が出るまでにかかる時間、簡単に実践できる文言
<例>たったの30日で!

②ニュース性を表す文言

売上の推移や、お客様の満足度
<例>おかげさまで一万本突破!
<例>東大生も絶賛の満足度93%
<例>期間限定、キャンペーン割引

③商品のベネフィットor特徴を表す文言

メインのベネフィット以外で有効なキャッチコピー

④訴求ターゲットを広げる文言

こんな方にもおすすめ!的なもの
<例>キャリアアップを目指す社会人にも出来た!
<例>海外で生活することになった主婦にも出来た!

キャッチコピーのチェックポイント

– ターゲットはあいまいになっていないか?
– いますぐ客をターゲットにしているか?
– 一番のベネフィットを強調しているか?
– 読み手の感情を揺さぶるか?
– 欲しくてたまらない快楽、あるいはいつも苦しめている苦痛からの解放はあるか?
– 簡便性を追加できるか検証したか?
– キャッチで売り気を出していないか?
– 商品名をだすな、商品画像もだすな。目的は、ボディコピーへと読み進めてもらうこと、ただひとつ。
– キャッチコピーとボディコピーのバランスはとれているか?
– キャッチコピー後の書き出しで読者を引き留めているか?
– キャッチコピー後の最初の3-5行で、読み手は頭の中に将来を描けているか?

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!