2021年、東京・高尾に開業予定のレストラン

これまでに出逢ったすべての「縁」と「恩」に感謝を込めて、
100年持続するレストランを創りたい。
訪れてくれた人にとって、人生最良の美味しい記憶となればいい。
そんな想いで、2021年の開業を目指し、現在、奮闘しています。
今は失敗ばかり。でも一歩一歩、近づいてるはず。
その記録をご覧ください。

開業奮闘記

なぜ下手にでてはいけないか?

スポンサーリンク




 

サービスというのは、お客さんの言うなりになることではありません。

それでは奴隷です。

サービスは、お客さんを感動させる素晴らしい仕事。

誰にでも出来ることではない。

お客さんに媚びへつらい、ご機嫌をとるのは違います。

むしろ、下手に出れば出るほど、良いサービスは出来なくなる。

 



下手に出ると何が起こるか?

レストランで料理提供する時、その料理を最大限に美味しくするのはサービスです。

面白いのは、サービスマンの個性により、印象を変えてしまうこと。

ロボット、AIの発達により、ただ料理を運ぶだけのサービスは価値がなくなりますが、ひとりの個性ある魅力的なサービスは、価値がある。

料理の実態よりも美味しく感じさせるのが、サービスの力です。

下手に出ることは、その逆効果を生みます。

平身低頭、「お待たせして申し訳ございません、お料理お持ちいたしました。」

そこまで待ってもいないのに、ペコペコして持ってこられると、かえって卑屈に感じるものです。

「申し訳ございません」や「すみません」という言葉は、一般通念としては謝罪を意味します。

それを多用するのは、著しく、自分の価値を下げることにもなる。

また、先にそのような言葉を挟んでおくと、クレームにつながりにくくなるのではという、ずるさがあります。

きちんと料理を作り、恥じない仕事をしていればそんな卑屈になる必要もありません。

誤解を恐れず言えば、お客さんとレストランとは、感動と感謝の交換であり、その立場は対等です。

むしろ、レストランという限られた空間の中で、料理のこと、ワインのことを良く知っているのはお店の方です。

決して上から目線、という意味ではありませんが、上段に立つくらいで、丁度良い。

 

タイトルとURLをコピーしました