サービス哲学

顧客は誰か?

経済学者ピーター・ドラッカーは、著書の中で、

「」
われわれの事業を知るための第一歩は、「顧客は誰か」という問いを発することである。現実の顧客は誰か、潜在的な顧客は誰か、顧客はどこにいるのか、顧客はいかに買うか、顧客はいかに到達するか、を問うことである。

と書いています。

改めて、考えてみると、わかっているようでわかっていないかもしれないと感じます。

まだ、レストランはオープンしてませんし、誰が顧客かなんて、現実にもないのですが、想定している顧客は、あります。それは、かつてのお客さんであり、お世話になった人たちです。

でも、私はこれから事業をするにあたって、圧倒的に多くの潜在的顧客から支持を得ないといけません。でないと、100年続くレストランにはならない。

潜在的な顧客とは?

潜在的顧客とは、言い換えれば、顧客にしたい顧客、ともいうことができるのでしょうか。そのように顧客について考えていくと、顧客の為に自社がどうあるべきかが、見えてきます。

ドラッカーの伝えたいことは、本当に顧客の立場に立ち考えれば、自社がなすべきことがわかると、そういうことなのかなと思います。

ならば私はこれから、顧客がどんなことに喜びを感じ、どんなことに困っているのか、真剣に考えないといけません。

ひとつ、考えがあります。

色んな人の立場になって、未来のレストランを見てみるのです。これからしばらく、そこに集中してみようと思います。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!