サービス哲学

成果の出るホームページは、優秀な営業マンと同じである

成果の出るホームページは、優秀な営業マンと同じである

というのは、私の持論です。

成果の出るホームページ、すなわち問い合わせに繋げる、見込み客のフォローをする、サイトで販売をしているなら購買に繋げる、アフターフォローをする。

それは、まさに営業マンの仕事です。

ホームページは優秀な営業マンをAI化したものだと捉えると、誰に何をどうやって伝えればいいのか分かってきます。

優秀なセールスをAI化したものが、ホームページ

自社と接点のないユーザーがはじめてサイトに訪れた時、優秀なセールスならまず、どうするでしょうか?

いきなり、売りつけるのは論外。

自分の話したいことばかりをペラペラ話し出すのは三流。

お客さんの要望を聞いて、適切な回答を返すならまだましですが、それでもまだ二流でしょう。

トップセールスは、顧客との関係を深くします

具体的に言うと、親近感や、共感を持ってもらえるような対応をするのです。

ただ、厳密にいうと、顧客との関係性を深めるには、それが顧客にとってメリットがないとわけもなく深まりません。

1.顧客の問題を解決する

お客さんは、何らかの目的を持って、来てくれたわけです。

有名なたとえ話で、お客さんはドリルを買いに来たのではない、穴を開けたくて来ているのだ、というのがありますが、何らかの欲求や不安、悩みを解決するために行動を起こそうとしています。

そう、顧客は自らが抱える問題を解決したいと思っている。

ならば顧客にとっての問題が何なのか、はっきりさせなければ、顧客は迷子になってしまいます

顧客との関係を深める前に問題を明確にする必要があるのです。

2.親近感を与え、共感する

そうか、お客さんはこうしたことで困ってるんだ、と思えば、営業マンも自分たちの商品・サービスでどうお役に立てるか、提案しやすくなります。

しかし、トップセールスは焦りません。

話をよく聞いて、共感し、顧客が抱える問題を解決するにはどうすればいいのか、考えます。

この段階が、顧客との関係性を深める上で非常に重要です。

共感が浅ければ、顧客の信頼も深くなりません

しかし、共感が深くなればなるほど、顧客にとって、自社の商品・サービスがどう役立つか具体的に分かってきます

3.解決策を提示する

顧客に役立つと分かれば、トップセールスは簡潔に、解決策を示すでしょう。

あまりグダグダと、言葉で飾るのはお勧めできません。

顧客の抱える問題は、こうすれば解決する。

それをシンプルに伝えるだけで良い

それだけで、顧客はもう、前のめりになっているはずです。

じゃあ具体的にどうすればいいのか、話を聞きたくて、うずうずしてくる。

そこで初めて、具体的な提案です。

4.具体的な提案をする

ここまで来れば、お客さんも提案を受け入れやすくなっています。

それはどんな人に向けたものなのか?

どんな内容なのか?

いくらくらいで実現できるのか?

心得ておきたいのは、その商品・サービスの価値を最大限に高める工夫をするべきだということ。

顧客の問題を解決するドリルでも、「ワンタッチ簡単ドリル」というより「大学生の長女でも2秒で穴を開けたお手軽ドリル」という方がイメージしやすく、何となく、価値も高くなります。

言葉一つでその商品・サービスの価値が変わるのですから、トップセールスであるほど効果のあるフレーズを考えるわけです。

5.条件を提示する

顧客の行動を促す、重要なテクニックが、条件を提示すること。

絞り込み、とも言いますが、これをするのとしないのとでは、大きく反応が違う事を、すでに多くのマーケターや研究者が実証しています。

その歴史的事実は活用しない手はありません。

販売数を限定したり、期間限定にしたりして、商品・サービスを購入できる条件を付与するのです。

顧客は、問題を抱えていたとしてもよほど緊急でない限り、いつでも買えると思って、いつまでも買わない

人は、限定したり、締め切りを設けたりしないと行動できないんですね。

6.行動を促す

トップセールスのクロージングは、顧客に無理強いをさせません

お客さんの手間にならないように行動を促します。

あるトップセールスは、契約書にサインする顧客の一文字一文字を優しく読み上げながら、声で一緒に書くように寄り添っていました。

こうして言葉にするとうっとうしく感じるかもしれませんが、お客さんはもう、夢見心地。

はやく契約した後の商品を手にしたくて、わくわくしています。

ホームページでも同様。

顧客には行動することの一切の負担をかけず、最後まで導いてあげることが重要です。

ホームページにおける導線

上記1~6は、マーケティング業界では有名な「PASONAの法則」そのままです。

法則というだけあって、この順番でホームページを構成すると、この構成から逸脱した場合と比べて、成約率は確実にあがります。

そしてそれはまた、優秀な営業マンが、セールスを進めていく構成ともよく似ているのです。

ホームページにおける導線とは、この1~6の構成を言います。

ホームページにおけるエビデンスとは?エビデンスという意味は「証拠」「根拠」で、元は医学用語であったそうです。 その治療法が病気に対して効果があることを示すデータや検証...
ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!