サービス哲学

客席のフロア設計

客席のフロアについて、いま考えているのは、20~30帖ほどの空間を区切るような設計です。区切る、というのは、たとえば、パーテーションのように、自由に間取りができる方式で、理想は自由自在に移動する壁。

それができれば、2人きりの個室から、20人のパーティーまで予約に合わせて客席を作れます。部屋を固定していると、どうしても用途が限られてくる。完全予約制ですから、最適なシチュエーションに応じた自由自在の空間づくりができれば最高です。

それと、やっておかなくてはならないのは、高齢者対応の設計。

HICOでは、室内でも屋外でも楽しんでもらえるようにコース設計していますので、店内の移動にストレスがあってはいけません。車いすで、トイレや洗面台はもちろん、全フロア、屋外行き来できるようにします。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!