スポンサーリンク

サービス哲学

動画を勉強しておく

投稿日:

動画の訴求力は凄い!

いま、素人でも、動画を簡単に編集できるようになりました。

写真を組み合わせていくだけでも、動画を作れます。この、訴求力が凄いですね。これを使わない手はない。

以前にも書きましたが、もともと、タブレットを皿にしてしまおう!という発想がありました。これは将来的に必ず、出てくる。技術的に可能なのはもうわかっています。

他の誰にもやってほしくないですが、私が考えているくらいですから、誰かがすでにやっているかもしれません。

動画は差別化できる!

ただ、動画の作り方、写真の演出の仕方では、まだまだ差別化できると思います。知る限り、レストランでやっているところはない。『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』がOPENする頃でも、そこまで力を入れるところはないのではないか。

私が特に、力を入れたいのは、魚料理の演出です。

魚が自由に水の中を泳ぎ回っている時の表情というのは、水族館に行かない限りなかなかお目にかかれません。そもそも、囲いの一切ない自然で生きているのとは違う。生命力のイメージが違います。

そこから、映像で紹介するのです。水中が無理ならば、漁師さんが揚げてきたその瞬間からでも良い。いま目の前にある魚が、誰が、どこで、どうやって、水揚げされ、どのように処理されてきたのか、そのストーリーを動画によって、プレゼンしたいのです。

その加工技術を、少しづつでも、勉強していきたいと思います。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-サービス哲学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.