戦略的ホームページ

ホームページは誰のためにあるのか

ホームページは何のためにあるのか、というと、集客のため。

と答える方が多いのですが、それは大きく違います。

ホームページが戦略上、集客のためと言えるのは、資本力のある大手くらいでしょう。

日本は99.7%が中小企業です。

単純に考えて、集客する資本力のある大手に、資本力のない事業所が勝てるはずもありません。

では、何のためにあるのかといえば、見込み客を育てることです。

コロナ禍で変わったホームページの在り方

これからの時代は、ほとんどの業種が事業を拡大するのではなく、 いかに縮小するマーケットの中で収益を上げていくかが課題になるはずです。

コロナ禍で、人のライフスタイルは大きく変わりました。

2020年4-6月のGDP成長率はなんと年率-27.8%。

好調に見えたコンビニさえも、7%減少しました。

それだけ必要のない外出は控えられ、資金も人も、大きく動かない時代になったのです。

こうした傾向は、しばらく続くでしょう。

一度変わってしまった習慣はそう変わりません。

小資本で成果を上げるビジネスモデルが必要

何が必要か?

小資本で、成果を上げるビジネスモデルがないと、勝ち残れません。

ホームページも、ただ単にネット上に存在しているだけでは、 全く意味がなくなっています。

デザインなど見た目の雰囲気よりも、そこに何が書いてあるか? の方がよほど大事です。

何が必要かというと、明らかに<戦略>。

誰に向けたもの?

とはいえ、いま巷にあふれているホームページの多くは、自分本位で、顧客視点に立てていないサイトが多い。

誰のために、ホームページはあるのか、その理由を深く考えさせられます。

でも求めるべきは簡単で、事業目的に沿ったユーザーの悩みなり不安、欲求を解決するコンテンツを正しく提供していればいいんです。

そうすることで、その人が幸せになり、満足して、生きることが楽しくなれば、これ以上嬉しいことはありません。

 

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!