戦略的ホームページ

グーグルサーチコンソール(Google Search Console)登録について

何事も、ものごとには基礎があります。

SEO対策の基礎の基礎、これなくして、検索上位を目指すことは出来ないと言えるのがGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)の設定。

社会的にはにわかに問題視されているGoogleの独占権ですが、検索上位を狙うならGoogleに順応するしか手はありません。

なぜ、検索上位のためにGoogle Search Consoleが避けられないのか?

Googleの検索順位は、以下の流れで決まることが分かっています。

  1. Googleのクローラー(ウェブサイトを巡回して情報収集するプログラム)がサイトを訪れる。
  2. そのサイトの情報がデータベースに登録される(インデックス)。
  3. そのデータをもとにアルゴリズムが「このウェブサイトは良質である」という判断を下す。

まずは、Googleのクローラーにサイトを訪れてもらえるよう登録しなければなりません。

その手段が、グーグルサーチコンソールの登録です。

Google Search Consoleとは

グーグルサーチコンソールは、そもそもWebサイトの表示回数やクリック数などを見える化する無料ツールです。

  • 表示回数
  • 検索キーワード
  • クリック数
  • クリック率
  • 平均掲載順位

などが分かってしまうんですね。

これはGoogleのサービスであると同時に、情報を提供することでGoogleのプラットホームがより充実し、Googleの所有するビッグデータがますます協力になっていくことを意味します。

また、サーチコンソール設定にはGoogleアカウントが必須ですから、個人情報を少なからず提供することにもなります。

とはいえ、新しくサイトを制作する場合には、今のところ得しかありません。

サーチコンソールの設定方法

グーグルサーチコンソールの設定は、以下の3ステップ。

1.Googleアカウント作成

先ほど触れましたが、グーグルサーチコンソールの設定には、Googleアカウント登録が欠かせません。

すでに持っている方は「2.Google Search Console登録」に進んでいただいて大丈夫です。

まだ、お持ちでない方は下記画面からアカウント作成してください。

2.Google Search Console登録

グーグルサーチコンソール登録は、下記画面から登録してください

「今すぐ開始」をクリックしてください。

すると、Googleアカウントのログイン画面が出て、ログインすると下記のような画面になると思います。

ここで、選択いただきたいのが「ドメイン」です。

ちなみに「ドメイン」は、サイト全体で計測するプロパティタイプで、「URLプレフィックス」はサイトの中でページを指定して分析するタイプです。

新しいサイトなので、基本設定として全体を計測する「ドメイン」を選択します。

「ドメイン」のプロパティタイプにホームページのURLを入力してください。

なお、「http://」あるいは「https://」は入れなくて大丈夫です。

ex)hico2019.com

3.所有権の確認

URLを入力すると、下記のポップアップが出ます。

一部、黒で塗りつぶしていますが、ここがサイト固有のTXTレコードです。

このTXTレコードを、契約したサーバーにコピペすれば登録出来ます。

各サーバーごとに設定方法が異なるので、下記をご覧いただき設定してください。

※上記以外のサーバーの場合は「(お使いのサーバー名)+TXTレコード」で検索するとで出てくると思います。

サーバーへの設定が完了した後、「確認」を押すと、次のような画面が表示されます。

なお、どういう事情かわかりませんが、確認に時間がかかる場合があるので、すぐに確認できない時は最長1日おいて、確認してください。

 

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!