戦略とマーケテイング

売り手が上段に立つべき

神田昌典氏監修の『売りこまなくても売れる!説得いらずの高確率セールス』(フォレスト出版)。

この本にかかれているセールスの極意は、学ぶほどに効果が出ると実感しています。

神田氏は「殿様セールス」が理想という。

お客さんにこびへつらうのではなく、あくまで対等に、そして、販売している商品・サービスについては、売り手が上段にたつべきという考えです。

そうした姿勢は、下手をすると横柄で、たいへん失礼なふるまいになります。

人によっては「えらそうなやつだな」と感じるかもしれません。

それでも、毅然と、冷静に対処する肚づもりでないと、かえってお客さんを不安にさせるでしょう。

自信がなく、おどおどしたセールスマンをたまに見かけますが、その人から買おうという気にはなりません。

私だけでなく、買い物はできるだけ失敗したくないのです。

自分がした選択肢が、ベストだと思いこみたい。おどおどしたセールスマンからそれは期待出来ない。

正々堂々、誠実に。「信頼関係」と「尊敬」なくして取引しないセールスですから、売り手側は上段にたつくらいで丁度良いのでしょう。

ABOUT ME
HICO(ぞろ屋)
バーテンダー➡料理人➡シニアソムリエ➡飲食店運営➡トップセールス・マーケター➡WEB制作/ECサイト運営/WEBライティング。 幅広い経験とスキルを活かしデザイナーやエンジニアでは作れない持続性のある戦略的サイト構築が得意。実はコンテスト受賞経験もあるシニアソムリエとしての顔も持つ。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!