戦略とマーケテイング

いつでもノーと言って構わない

売りこまなくても売れる

神田昌典氏監修の『売りこまなくても売れる!説得いらずの高確率セールス』(フォレスト出版)。

ここのところ、集中的に「売りこまなくても売れる」セールスのあり方を自分なりにまとめています。

神田氏は、この本に書かれているプロセスを実行できれば、成約率は飛躍的にあがると断言しています。

また、このプロセスから外れた時には、がくんと成約率が下がるとも。

本当なら勉強しがいがあります。

イーという事

「信頼関係」と「尊敬」に基づくビジネスがこのセールスの根幹です。

だから、信頼と尊敬に値しない顧客は早期に「付き合わない」と決めます。

また、話が進んでも「いつでもノーと言って構わない」という姿勢を貫きます。

これは実際はとても勇気のいることです。

話が進んでいて商談は成立しそうなところで、相手にノーと言われたら、それまでにかけた時間も労力もすべて無駄になります。

よほどの自信と信念がないと、できないことです。

ですが、「売り込まなくても売れる」セールスを出来るようになるためには、この姿勢を持てなければなりません。

そして、商談がまとまりかけた時にも、お客さんに尋ねるのです。「ほんとうによろしいのですか?」あるいは「そう思われる理由は?」と。

そうすることで、お客さんは自分自身が商品を買う理由を再確認し、強化することになる。

そこまで念を押すのは、気が引ける気がしますが、信頼関係が出来上がっていればますます強固なものになります。

セールス側としてどうしたいかというと、お客さんが自分で求めたものであって、セールス側が求めたものではない、ということをお客さん自身に確認してもらうこと。

売り手だけが敬意をもっていたのでは対等ではありません。

お客さんにも同様に、敬意をもってもらってはじめて対等になります。

相互で信頼と尊敬を抱ける関係づくり。

それが「売り込まなくても売れる」セールスの考え方です。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!