スポンサーリンク

戦略とマーケテイング

モノはなぜ売れるのか?

投稿日:

モノはなぜ売れるのか?

飲食店の場合は、料理、サービスはなぜ売れるのか?

多くの人はこう答えます。

いいモノが売れる。

おいしい料理、良いサービスが売れる。

でも、実際は、いいモノが必ずしも売れてはいません。

おいしいから料理が売れているわけでもなく、サービスがいいから売れるのでもありません。

どうやら、単純に「よさそうに見える」から売れるようです。

どんなにおいしい料理も食べてもらわなければわからない

おいしい料理を作っているレストランはたくさんあります。

経験はありませんか?

こんなにおいしいのに、なぜ流行ってないんだろう?というお店に出会ったこと。

意外と多いと思いますよ。

なぜなら、料理人はいい料理を作ればお客さんが来ると思っているからです。

でも、どんなにおいしい料理を作っても、食べてもらわなければわからないですよね。

だからまずは、「よさそうに見える」ことからスタートしなければなりません。

売り方をどうするか

「よさそうに見える」ようにするには、売り方を工夫する必要があります。

以前「みだくなす」という果物があったそうです。

見てくれの悪いナシ、という意味でした。

でも、味はおいしいし、形はおもしろい、いろんな料理にも使える。

元はヨーロッパからもってきて、地元農家が一生懸命、改良を加えてできたフルーツです。

ということで、農家の人たちは「これは売れるはず!」と思っていました。

ところが、まったく売れません。

名前を変えただけで爆発ヒット

その「みだくなす」ですが、ある人が名前を変えたらどうかと提案しました。

そしてその名前に変えたとたん、爆発的に売れました。

もうおわかりかもしれませんね。

売り出した名前は、「ラ・フランス」。

価格も安くはないのに、まったく売れなかった「みだくなす」が飛んで売れたんです。

どんなにおいしいものでも、よさそうに見えなければ売れない好例です。

10人中8人に売れる表現を探せ!

少しでも興味を持っている人に、こう表現すれば10人中8人売れるキラーフレーズを探すのが重要です。

その探し方については、多くの書籍にも書かれていることです。

「お客様に聞け」。

買ってくれた理由、もしくは買わなかった理由。

それを直接、聞いてみると、お客さん自身の言葉にそのキラーフレーズが眠っていたりします。

ねるねるねるねが売れた理由

ねるねるねるね、というお菓子をご存知ですか?

30年前に販売され、色が変わったりふくらんだりする不思議さが「おもしろい」とうけてヒットしましたが、10年たつと「健康に悪そう」「色が気持ち悪い」と敬遠されるようになりました。

でも、意外や意外、合成着色料とか保存料は使ってなかったんですね。

そこで、着色料、保存料は使ってないことをアピールしたうえで、なぜ、色が変わるのか?膨らむのか?

公開することにしたようです。

これには社内で、大反発があったそうで、色が変わる・膨らむ仕組みについては、ねるねるねるねの肝としてブラックボックス化していました。

ただ、「子供に変なものは食べさせたくない」という親の不安を払拭するために踏み切ったんですね。

リニューアル後、インスタグラムやFacebookでも投稿されたりして、再び大ヒット。

考えたら不思議でもなんでもないのですが、企業秘密としてブラックボックス化していたら、復活はなかったでしょう。

 

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-戦略とマーケテイング

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.