戦略とマーケテイング

戦略マップの描き方

戦略を組み立てる際の私なりの「戦略マップの作り方」を書き留めています。

目標を数値化し、達成すべきまとまった売上を城に見立て、絵(戦略図)を描いていくのです。

戦略マップの作り方告白します。 私は、たぶん人より自意識が高く、自分なら出来る、自分なら大丈夫、と根拠なしに思うところがあるようです。 自覚は...
戦略マップを描くために必要なこと戦略をただの知識ではなく、実戦で活用していくために私なりの「戦略マップの作り方」を考えました。 目標を数値化し、それをひとつの領土...

戦略マップの描き方

目標を数値化したら、A4紙の2/3を埋め尽くす四角めの円を描きます。

それが、獲得すべき領土。

目標です。

そこに、城を配置していきます。

その城を落とすとどのくらい領土が手に入るか、数値化します。

知恵を振り絞り、領土をまたいで、あらゆる想定をして、これをやればかならずこの領土は手に入るという確信を得ます。

兵力の配置

次は、優先順位と、兵力の配置。

もちろん、大きな城程、ひとつ落とせば成果は大きいのですが、いつ落とすのか?

誰が落とすのか?

ということを考えなければいけません。

その城を落とすためにあまりに時間と人手をとられては、他の城を落とすのが遅れ、結果、手遅れになる可能性も出てきます。

この優先順位をつける判断が、ランチェスターの「選択と集中」なのでしょう。

だから戦略家は、全体を見て、どの順番でかかるか、どこに兵力を多く割き、どこに時間をかけるか、決めなくてはなりません。

その為の戦略マップです。

兵力と成果は比例しない

しかし、大きな成果が見込めるからと言って、そこへ兵力を傾けるのは必ずしも良いとは限りません。

理由は、少ない兵力でも落とせる可能性があるからです。

そこへ兵力を傾ければ、機会損失を生む。

他の城を落とすために回せる兵力を、無駄遣いしたことになります。

たとえば、一本100万のワインを売るには、ソムリエ一人の力量で済みます。

そのために、多くの人が動く必要はない。

それなら、お客さんに手紙を書き、フェアの料理を開発し、日々のレストラン業務をこなすのに時間をさくべきです。

これは意外と盲点です。

いざ現場に立つと、成果が大きいものへ偏りがちになりますが、分散させた方が結果は良くなる場合があります。

そんなことも、戦略マップを描いていると見えるようになりました。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!