スポンサーリンク

戦略とマーケテイング

バリューチェーンとは?

投稿日:

競争

マイケル・ポーター氏の『競争戦略』を深く学んでいます。

ポーター氏が考える戦略の要諦は、独自性。

競争といっても、ライバルを打ち負かす競争ではなく、独自の価値を創造する競争なんです。

とはいっても、同じマーケットで収益を得るために事業活動している企業同士の間には、競争が生まれる。

どうすれば優位に立てるのか?

そのためには、知らなくてはならないことがあります。

5つの競争要因とバリューチェーン。

5つの競争要因については、別の記事で書きましたので、ここではバリューチェーンについて解説します。

バリューチェーンってどういう意味?

バリューチェーンをそのまま訳すと、「価値の連鎖」。

でも、それでは、わかりませんよね。

飲食店で考えると、食材を仕入れてきて、仕込んで、料理して、お客さんに提供して、一方で広告や宣伝活動、マーケティングをして、接客サービスをしてと、利益を生み出す一連の流れを分解して考えるフレームワークのことなんです。

競争優位を実現する

バリューチェーンというフレームワークを使って、事業活動を考えることがなぜ良いのかというと、競争優位を実現させる手がかりになるからです。

分解した各活動において、

①他社と比較したときのコストはどうか?

②生み出している価値はどうか?

を詳細に検討すると、自社の強み、弱み、だけでなく、他社の強み、弱みも見えてきます。

飲食店におけるバリューチェーン

飲食店で考えてみましょう。

具体的には、下記を分析します。

  • 仕入れは他店より強いのか?弱いのか?
  • 仕込みの生産性、オペレーションは他店と比べてどうなのか?
  • 料理の価値は他店よりも高いのか?
  • マーケティング活動は他店より高度か?
  • サービスは他店よりも優れているか?

競争優位は、こうして他店と相対的に比較したとき、その活動の違いから生じる利益の差をいいます。


2つの活動の違い

競争優位を実現する活動には、2つのパターンがあるとポーター氏は説明しています。

ひとつは、他店と同じ活動を、より優れて行う方法

もうひとつは、他店と異なる独自の活動を行う方法

どちらが良いと思いますか?

他店と同じ活動を、より優れて行う方法

この方法を、ポーター氏は勧めていません。

なぜなら、正しい競争戦略ではないからです。

その競争は最高を目指すことに終始し、過当な価格競争やサービス合戦、宣伝活動により業界内の収益を小さくする恐れがあります

維持するのも大変ですし、持続性がありません。

飲食店がひしめく界隈で、価格を安くすることで集客するお店がいくつも現れたら、大変なことになりますよね。

他店と異なる独自の活動を行う方法

では、他店とは異なる活動を行うとどうなるか?

他店とは異なるニーズを満たすことで他店と争うことなく、お客さんを共有することも可能です。

もし、そのマーケットにおいて自店のみが提供できる料理やサービスなら、価格の基準値をあげられるかもしれません。

他店に提供できないもので、お金を出してもお客さんが魅力に感じるものなら、価格は天井知らず。

それを、他店よりも低コストで提供できるなら、勝ったも同然です。

独自性を目指すことで、誰にも邪魔されず、争いもせず、悠然と運営出来たら最高ですよね。

業務効果

そう考えてくると、たとえば、接客サービスをよくするとか、ロスをなくすとか、人件費を削減するとか、少しでも美味しい料理を出すとか、その程度ではだめだと分かります。

独自性ではなく、みんながやっている当たりまえの改善です。

こうした活動を業務効果と呼んでますが、それは戦略とは違うし、過当競争に巻き込まれることは必至。

改善や現状把握としては大事でも、事業を存続、発展させるにはやはり、戦略が必要になってくるのです。

 

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-戦略とマーケテイング

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.