戦略とマーケテイング

人生のバイブル―――孫子『兵法』

孫子『兵法』は、紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家、孫武の作とされる兵法書です。

著者の真偽については諸説ありますが、書かれていることは極めて普遍的で、いつ何時読んでも気づかされることがあります。

当サイトでも、孫子の兵法から得た学びから、多くの分析や考察を行ってきました。

下記2つの記事は、2017年に書いたものですが大幅に加筆修正しましたので、良かったらお読みになってください。

[st-card id=387 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

[st-card id=386 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

本質を知る

孫子の『兵法』が普遍的であるのは、理論や方法ではなく、法則が書かれているからでしょう。

法則は、自然界の法則のように不変のものです。

孫子『兵法』で書かれていることは「負けないための法則」。

兵法とは戦いでいかに勝つか?がテーマですが、孫子の『兵法』はそれだけでなく、むしろ負けないためにはどうするか?に焦点がおかれています。

戦略の本質は、勝つための法則というより、負けないための法則だと考えています。

 

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!