戦略とマーケテイング

ビジネス活用する場合に抑えておきたい、SNSの特徴

SNSは私たちの暮らしの中に欠かせないものとなりました。

最も浸透しているSNSは、LINE。

日本国内では、実に8300万人が利用しています。

国内のSNS利用者ランキング

国内利用人数 男:女 比率
LINE 8,300万人 48:52
You Tube 6,200万人 61:39
Twitter 4,500万人 66:34
Instagram 3,300万人 41:59
Facebook 2,600万人 52:48

You TubeをSNSに加えるのは違う気もしますが、浸透率を考えるうえでも参考になります。

LINE

リーチボリューム LINE
全体 男性 女性
10代(15歳~) 6,248,500 3,123,900 3,124,600
20代 17,171,900 9,443,000 7,728,900
30代 10,536,600 4,967,400 5,569,200
40代 11,684,300 5,504,900 6,179,400
50代以上 14,039,600 5,779,500 8,260,100
全体 59,680,900 28,818,700 30,862,200
参考値 公式発表の月間ユーザー数 8,300万人

LINEというコミュニケーションツールは、老若男女利用している最も浸透したSNSです。

国内で8300万人の利用者がいるということは、日本人(赤ちゃんや高齢者含む)の約66%が使っているということです。

LINEは特定の人との関係を深めたり、情報発信したり、連絡を取ったりするのに非常に便利

ビジネスに活かそうとする場合、起業ならLINE@という公式LINEを活用できます。

メッセージの一斉送信や、分析、ポイントカード、ABテストなど機能も増えてきました。

ただし、新たな認知を拡げるツールとしては向いていません。

友だち登録をしてくれた顧客との関係をより強いものにする、顧客フォローのツールとしてはSNS最強でしょう。

男性比率は、全ユーザーの48%。

You Tube

リーチボリューム YouTube
全体 男性 女性
18歳~24歳 12,600,600 6,963,500 5,637,100
25歳~34歳 15,253,300 9,616,200 5,637,100
35歳~44歳 12,932,100 7,958,200 4,973,900
45歳~54歳 10,942,600 6,963,500 3,979,100
55歳~64歳 5,040,300 3,050,700 1,989,600
65歳以上 3,747,000 2,221,700 1,525,300
全体 60,515,900 36,773,800 23,742,100
参考値 公式発表の月間ユーザー数 6,200万人

You Tubeは動画サイトであり、広義においてのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)といえます。

SNSは、社会的ネットワークの構築ができれば、そうと呼べます。

You Tubeは自社、または個人にコンテンツを創り出すことができれば魅力的なツールです。

人の脳は、静かにとどまっているものより、動くものの方に本能的に反応します。

つまりは、動画の方が訴求力が高いということですね。

利用ユーザーは、10代~40代にかけて幅広く利用されており、男性比率は61%。

Twitter

リーチボリューム Twitter
全体 男性 女性
10代(15歳~) 5,991,700 3,544,000 2,447,700
20代 16,639,500 12,116,000 4,523,500
30代 8,122,100 5,374,500 2,747,600
40代 4,942,200 2,967,700 1,974,500
50代以上 3,869,200 2,182,900 1,686,300
全体 39,564,700 26,185,100 13,379,600
参考値 公式発表の月間ユーザー数 4,500万人

Twitterの特徴は、なんといっても、その拡散力。

ワンタップで投稿をシェア出来るリツイートという機能は、爆発的な拡散を期待できます。

その商品・サービスが、強い独自性を持っていればいるほど、拡散するスピードは速くなる

先だって解説したSNSマーケティングのフロー<ULSASS>を回すときに、真っ先に検討したいSNSです。

ULSSASとは?先日、UCG(User Generated Contents)=ユーザーから自然発生した口コミを発生させて、増やすことにSNSマーケティ...

ただし、コモディティ化(品質・価格で差別化できないマーケットにありふれたもの)した商品・サービスを扱う場合、あまり意味がないでしょう。

また、主要なデバイスはスマホになります。

拡散したところで、その商品・サービスが購入される導線を用意していなければ、ビジネスとしては失敗です。

利用ユーザーは20代・30代が63%と多いが、60代まで広がっていて、男性ユーザーが66%と高いのが特徴。

Instagram

リーチボリューム Instagram
全体 男性 女性
10代(15歳~) 2,471,400 1,098,400 1,373,000
20代 11,167,400 4,668,300 6,499,100
30代 7,597,500 2,837,600 4,759,900
40代 4,851,400 2,013,800 2,837,600
50代 2,105,400 915,400 1,190,000
60代以上 604,100 311,200 292,900
全体 28,797,200 11,844,700 16,952,500
参考値 公式発表の月間ユーザー数 3,300万人

インスタグラムはツイッターに次いで、認知を拡げやすいSNSです。

画像がメインとなるため、ユーザーが興味関心を持つような、独自性の強い画像をどれだけ投稿できるかももちろん大事ですが、ビジネスで活用する場合は利用世代を意識しなければいけません。

主なユーザー層は20代・30代が65%を締め、全ユーザーの59%が女性です。

高齢者男性向けの商品・サービスは広まりにくいでしょう。

ですが「インスタ映え」という言葉が浸透したように、インパクトのある料理写真や、思わず写真を撮りたくなるような面白い商品を開発すれば拡散力も強いと思われます。

Facebook

リーチボリューム Facebook
全体 男性 女性
10代(15歳~) 287,500 140,800 146,700
20代 5,280,400 2,640,200 2,640,200
30代 7,773,800 3,666,900 4,106,900
40代 6,600,400 3,520,200 3,080,200
50代 4,106,900 2,346,800 1,760,100
60代以上 2,244,100 1,437,400 806,700
全体 26,293,100 13,752,300 12,540,800
参考値 公式発表の月間ユーザー数 2,600万人

実は世界では最も多くの人が利用しているSNSがフェイスブック。

24億人が利用しているそうです。

対して、日本国内ではメインSNSの中で最下位。

それはなぜかと考えれば、日本人はシャイだから、というのが普通に納得できます。

顔を出し、自らの好み、主張を不特定多数に公開することに抵抗のある人は少なくありません。

利用者は男性52%、女性48%の割合で、20代~50代まで幅広いものの、他のSNSに比べると年齢層は高めの傾向です。

拡散力よりも、人と人との繋がりを重視したマーケティングに使えそうですね。

学歴、仕事、ライフステージなど様々な情報をもとにしたターゲティング精度の高い広告配信も可能です。

どのSNSを使えばいい?

事業の理念とプロダクト(商品・サービス)の特徴、業種業態、顧客層により、相性の良いSNSはそれぞれでしょう。

いずれにしても、すべてのSNSが顧客とのコミュニケーションツールですから、顧客ターゲット層とプロダクトの独自性を軸に考えると良いのではと考えています。

ざっくりイメージするとこんな感じですね。

プロダクトの独自性が高いのなら、いちばん面白いのはTwitterです。

拡散力が半端じゃありません。

資本力のある大手企業に、資本力のない中小企業が広告戦略で勝つなら、この手が最も手っ取り早いと思います。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!