高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

戦略とマーケテイング

普通であることのリスク

投稿日:

今後の未来を予測していくことは、独立志向を持つ人間にとって、不可欠です。未来に対して悲観的に準備を重ねてこそ、心置きなく前へ進めます。

最近、意識しているのは、とにかく普通ではダメだということ。

もう、高度成長期の日本ではありません。30年前は、一日8時間労働で、普通に働いているだけで幸せになれたかもしれない。でも、日本がこれまで通り、先進国でいられる保証はなく、実際に年金をもらえる額など、どんどん減っています。

残念ながら、私たちは衰退している国の中で暮らしています。その中にいて、普通でいるということは良い選択とは思えません。

働き方改革をしてる場合か?

不安に思う人は何をすれば良いか?

普通の倍、考え、仕事することだと私は思います。なぜなら、人口の1/4が高齢者となり、ひとりの高齢者を支えるには、計算でいくと2.2人の働き手が必要であるといいます。

これまでの普通を維持したいのなら、ひとりの高齢者を少なくとも一人の働き手で支えられる生産性をつけなければなりません。

かといって、時間で解決をするのは、無能だと思います。このIOT時代に、もう少しやりようはあるかもしれない。でも、こんな状況で、働き方改革をしてる場合だろうか、、、との疑問はぬぐえません。

私の未来への一手は、大前提として、普通の倍、働くことです。それを厭わない熱心さを、常に自分の中で意識的に持って置くことです。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-戦略とマーケテイング

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.