戦略とマーケテイング

天気と売上の関係

雨の日は、売上が悪い。

これは郊外型レストランにおいては特に、まことしやかに囁かれる通説です。

でも本当にそうか?かつて勤めていたレストランで、調べたことがあります。気象データと、売上を照らし合わせてみたのです。

すると、たしかに、晴れの日に比べると、売上は下がる傾向にある。でも、その差は売上にして1万円内です。雨の日であっても、晴れの日を上回る売上となる日だって、多いのです。

それよりも、売上に影響を与えるのは、気温でした。もう10年以上前の事で手元に詳細データはないのですが、雨か晴れか、というよりも、その季節における平均気温との差が、売上に与える影響は大きかったのです。

気温が25度を上回ると途端にアイスが売れ出す。というのは、有名な話ですが、レストランにおいても25度を上回るとビールのオーダーが増えたのでした。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!