戦略とマーケテイング

堀江さんに学ぶレストラン繁盛術②

堀江貴文氏の『なんでお店が儲からないのかを僕が解決する』という著書は、レストラン経営者が読んでおいて損はない本です。

>>>堀江さんに学ぶレストラン繁盛術①はこちら

引き続き、特に留めておきたいところを抜粋します。

「」
僕が「また来たい」と思うのは、前にも書いたが驚きのあるお店。仲間を連れてまた行って、その驚きを共有したくなる。

そんな驚きを絶えず人に提供するのは並大抵のことではないだろう。でも実際に、人気をキープしているお店はそうなのだ。

「」
腕に自信があり、かつビジネス的に成功したいのなら、どちらかというと高級な店にしたらいいと思う。「みんなに美味しいものを」なんて悪平等だ。そして、従業員にきちんとした労働対価を払い、休みを取り、ほかの店に食事に行った方が、長い目で見てよほど店を長く続けられる。

私も堀江さんと同意見なのです。

HICOでしか味わえない料理、体験、空間をとにかく作りたいと躍起になっているのは、唯一無二の存在でないと、お客さんは来てくれないから。来てくれなかったら、長く存続できない。

沢山の人に来てもらうために安価でありふれた店を作るより、そうした独自性を追求し、多少高くても長く存続できる店を目指しています。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!