高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

戦略とマーケテイング

堀江さんに学ぶレストラン繁盛術②

投稿日:

堀江貴文氏の『なんでお店が儲からないのかを僕が解決する』という著書は、レストラン経営者が読んでおいて損はない本です。

>>>堀江さんに学ぶレストラン繁盛術①はこちら

引き続き、特に留めておきたいところを抜粋します。

「」
僕が「また来たい」と思うのは、前にも書いたが驚きのあるお店。仲間を連れてまた行って、その驚きを共有したくなる。

そんな驚きを絶えず人に提供するのは並大抵のことではないだろう。でも実際に、人気をキープしているお店はそうなのだ。

「」
腕に自信があり、かつビジネス的に成功したいのなら、どちらかというと高級な店にしたらいいと思う。「みんなに美味しいものを」なんて悪平等だ。そして、従業員にきちんとした労働対価を払い、休みを取り、ほかの店に食事に行った方が、長い目で見てよほど店を長く続けられる。

私も堀江さんと同意見なのです。

HICOでしか味わえない料理、体験、空間をとにかく作りたいと躍起になっているのは、唯一無二の存在でないと、お客さんは来てくれないから。来てくれなかったら、長く存続できない。

沢山の人に来てもらうために安価でありふれた店を作るより、そうした独自性を追求し、多少高くても長く存続できる店を目指しています。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-戦略とマーケテイング

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.