高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

戦略とマーケテイング

イタリアン寿司リサーチ

投稿日:

イタリアン寿司専門店みたいなのも面白そうだな、と考えていました。

>>>イタリアン寿司

>>>イタリアン寿司構想

ちょっと調べてみたら、専門店はゼロです。意外でした。ありそうだな、と思っていました。

そんな中で、変わったイタリア料理店を見つけました。銀座にあるレストランで、寿司や和食がイタリアへ渡り、イタリアの地で融合されたものを逆輸入して、銀座でオープンさせた異色のレストランです。

●銀座寿司レストラン|zero tokyo

https://zero-tokyo.jp/

プロモーションビデオも、サイトもなかなかカッコいい。

テレビにも紹介されたようですが、私は知りませんでした。イタリアン寿司を提供しているのは、強いていえばこのお店くらいです。

イタリアで寿司が進化している?

いくつかのブログで、イタリアに寿司屋があるというのを見ました。ただそれは、中国人が運営していたり、単純に日本の寿司を真似ているだけのものが多いのですが、その中でイタリア料理として、寿司の発想を取り入れたレストランもあるようなのです。

https://wildones105.com/blog/1941/

もはや、シャリはご飯じゃなく、パスタに置き換わってますが、ここにあるように、貝殻型のパスタ(コンキリエッテ)やカタツムリ型のパスタ(ルマーケ)などを使っても面白いですね。

コンキリエッテ Conchigliette

コンキリエッテ Conchigliette

ルマーケ Lumache

ルマーケ Lumache

それから、この記事で紹介されているようにスパゲッティを美しく整えて、その上にネタを乗せるのでもありでしょう。デザインもユニークですよね。

ただ、いっとき話題になっても、衰退は早そうな気もします。

可能性、アイデアは集めれるだけ集めておけばどこかで使えるかもしれない。そんなノリで留めておきます。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-戦略とマーケテイング

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.