高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

戦略とマーケテイング

カルボナーラ専門店構想①

投稿日:

カルボナーラは、広く認知されていながら、シンプルゆえ、様々なアレンジが可能で、作る側にとっても、食べる側にとっても、こだわりの強い料理です。でも、調べたところ、カルボナーラ専門店はいまありません。

もし、仮に、カルボナーラ専門店をするとすると、どうするか?考えてみます。この構想は、サブ店舗を造る時や、2店舗目を出店するとき、または通販でも、役立つであろうと思います。

カルボナーラ分解

カルボナーラは、卵、チーズ、ベーコン、黒コショウのみで作られるパスタ料理です。でも、それぞれに特色を持たせることで、多様なメニューが考えられます。

たとえば、これはやっているお店が多いのですが、卵にこだわるカルボナーラ。卵はカルボナーラを構成する大きな要素ですから、普通の卵と、黄身のしっかりした濃厚な卵を使うのとでは、当然違います。

それと、同じ卵を使うとしても黄身と白身のバランスで色見も変われば、濃厚さも変わる。レストランによっては、黄身しか使わない、というお店もありますし、全卵使う店もあります。全卵1個と、黄身1個分、というレシピもわりとメジャーです。

ここはもっと科学的に検証したいところです。黄身と白身のバランスはどのくらいの割合がベストなのか。

チーズはどうする?

個人的な見解ですが、どのチーズを使うのかが味の決め手になるのかなと考えています。伝統的にはペコリーノチーズですが、ペコリーノは羊の乳から作る塩味の強いやや癖のあるチーズで、これを100%使うと、日本人には美味しいと思ってもらえない場合が多い。そのため多くのお店は、グラナパダーノやパルミジャーノ・レッジャーノを使います。

でも、選択肢は、それだけではありません。ブレンドはもちろんのこと、エダムチーズなど、削って使えるハードチーズなら、どれを合わせてもそれなりにおいしくできますので、これもテストを重ねて、ベストを考えなくてはいけません。

>>>続く

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-戦略とマーケテイング

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.