戦略とマーケテイング

カルボナーラ専門店

カルボナーラは、卵、チーズ、ベーコン(もしくはパンチェッタ)、黒コショウだけで味付けするというシンプルなパスタ料理です。

考えてみればこの料理は、作る人にとっても、食べる人にとっても、こだわりの強い料理です。どこまで卵に火を入れるか、卵は全卵か黄身だけか、ベーコン(もしくはパンチェッタ)の厚みはどうするのか、チーズは、パルミジャーノ・レッジャーノなのか、ペコリーノなのか。パスタの太さは1.8mmでいくのか、ショートパスタでいくのか。

こだわりが強い故、邪道だと言いきる人も多いのですが、生クリーム、バターなど、副材料を加えることもあります。

シンプルだからこそオリジナリティになる

実際、様々なレストランでカルボナーラを食べてきましたが、どこもそれぞれの特色を持っています。

ふと、思いました。これだけ広く認知されていながら、これがカルボナーラだ、という基本はあるのだろうか?もしかしたら、それは、各個人の中にあるのではないか?

これは、たとえば味噌汁と一緒の感覚です。それぞれの家庭に、基本となる味がある。

そして面白いことに、調べてみたら、カルボナーラ専門店というのはありませんでした。

カルボナーラ専門店

結果から言うと、カルボナーラ専門店は面白いのではないか?と思っているのです。皆が知っている料理でありながら、市場はがら空き。専門性を高めるほどに、カルボナーラといえばHICO、となる可能性があります。

その構想は明日へ続けます。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!