戦略とマーケテイング

世界各国のカルツォーネ

アメリカ風カルツォーネ

アメリカでピザが発達したのは、イタリア系移民が多いからです。カルツォーネももちろん、あります。ピザ生地に、チーズ、ハム、サラミ、野菜等様々なフィリングを詰めるのがアメリカ風。

日本で知られるカルツォーネの定番は、イタリアよりもむしろ、アメリカ風でしょうか。

チーズは通常モッツァレッラチーズ、リコッタですが、パルメザン、プロヴォローネも使われるようですね。

コネチカット州ミドルタウンでは、スカッチャータ (scacciata)という料理があると聞きました。カルツォーネと似てますが、フィリングはブロッコリー、ホウレンソウ、ジャガイモ、タマネギで、ソーセージ入りの場合もあるそう。

スカッチャータはミドルタウン北部のシチリア移民の家庭で、かつては定番として調理されていたようです。

イギリス風カルツォーネ

スコットランドのケバブ店で人気の料理となったカルツォーネの具は、ドネルケバブ、チキンティッカ、串焼きケバブ、または全部であり、香辛料の効いたタマネギを添えて供されるようです。客の目の前で小量のウイスキーをフランベして供するのだそうですが、その提供方法は面白いですね。

たとえばこんなメニューはどうでしょう、燃えるカルツォーネ(笑)

提供方法としては面白いですね。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!