戦略とマーケテイング

丸亀製麺のテーマパーク的店舗構造

讃岐うどんのフランチャイズチェーン、丸亀製麺はご存じでしょうか。

国内に852店舗。

すべての店で、粉からうどんを作ってます。

そのうちの数店舗しか訪れてませんが、その品質の安定感はすごい。

最も勉強になったのは、その店舗構造です。

まるで「テーマパークでアトラクションに乗るのを待っているような感覚」なんですよね。

丸亀製麺のテーマパーク的店舗構造

どんな店舗構造かというと、厨房を取り囲むようにぐるっとお客さんの導線が設計されいます。

店内に入ると、まず飛び込んでくるのは、製麺機。

それと「国産小麦100%」と書かれた小麦粉の入った大きな茶袋です。

ほんとうに粉から作ってることが、一目でわかります。

ブロック状の生地が延ばされ、うどん状にカットされていく様子もお客さんから丸見え。

丸亀製麺は、注文して先に会計するシステムで、会計に至るまでにお客さんは、そうしたライブ感あふれる厨房の舞台を見ながら、好きなうどんを選べる設計になっているんです。

混雑時ほど、お客さんを目で楽しませてくれる

この設計が最大のインパクトを発揮するのは、混雑時でしょう。

注文待ちのお客さんは、厨房という舞台をぐるっと取り囲む観衆のように、待つことになります

ディズニーランドやUSJではアトラクションの順番を待っているときに、その世界観を楽しめるようにいろんな仕掛けがされていますよね。

恐竜のジェットコースターなら、恐竜時代の雰囲気が演出され、宇宙船がテーマなら銀河系の雰囲気の照明や音声が施されてるわけです。

そんな感じで、作り立てのうどんを食べる期待感を醸成してるんですね。

入り口と出口が違う

徹底してるな、と感じたのは、入り口と出口をはっきり分けていることです。

ほとんどの飲食店では、入り口と出口は一緒ですよね。

丸亀製麺では、わざわざ、分けている。

それはおそらく、2つの理由があるのではと考えてます。

入り口と出口を分ける2つの理由とは?

1つは、入り口から期待感を高めるためのライブ感を演出しているので、それを逆流するような冷めた演出は避けたいからでしょう。

完全にエンターテイメントの考え方です。

どうすれば人はよろこび、がっかりするか、人の心情、感情を考え尽くしているからだと思いました。

実際、入り口から出口まで厨房を囲む構造ですが、出口側からは、厨房をあまり見れないようなっています。

すくなくとも、入り口から楽しめるような厨房のライブ感は味わえません。

もう1つは、回転率です。

食事を終えたお客さんが帰るとき、お店を出やすく、そしてお店側もすぐに片づけて、次のお客さんを迎え入れる準備がしやすいようにしているのです。

上記は想像ですが、あたらずとも遠からずかな、と思います。

丸亀製麺のコンサルは、USJを立て直したあの人だった!

もしかしたら、このテーマパーク的構造は、丸亀製麺にコンサルに入ったある人の影響かもしれません。

丸亀製麺にコンサルにはいったある人とは、USJをV字回復させた立役者、森岡毅さんなんです。

USJから学んだ戦略①マーケティングを実践レベルで理解するのに重宝した本があります。 森岡毅氏の『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?...

丸亀製麺も、森岡氏がコンサルに入って独自の強みを強化した結果、業績を上げたと聞きました。

マーケティングの力って、すごいですね。

そして、実に面白い。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!