戦略とマーケテイング

ビジネスモデルとマーケティングの違い(戦略と戦術の違いについても解説)

ビジネスモデルとは何ですか?

儲ける仕組み

マーケティングとは何ですか?

売れる仕組み

クライアント様には、そのようにお答えしてきました。

でも、それって・・・意味一緒じゃない?

似てますが、違うんです。

ビジネスモデルとマーケティングの違い

経営コンサルタントの石原明氏は、ビジネスモデルとマーケティングを「車の両輪」と例えておられました。

(※石原さんは2021年2月初旬に亡くなられました。とてもとても惜しい!)

ビジネスモデルとマーケティングが揃えば、事業は発展・拡大する。

先に述べましたが、この2つは以下のように理解しています。

  • ビジネスモデル➡儲ける仕組み
  • マーケティング売れる仕組み

儲けることと、売れること

事業は、利益を出さなければ持続できません。

国やボランティアと違い、企業では人道・法に反しない限り儲けることが善です。

そして、儲けるためには商品・サービスが売れなければならない。

儲けるのは構造的な問題ですが、売れるのは運営の問題です

どちらが欠けても事業はできませんので、石原さんは車の両輪といったんだと思います。

ビジネスモデルとマーケティング、いずれかではダメな理由

たとえば、儲ける構造はあるのに、マーケティングがない場合どうなるでしょうか?

レストランで考えてみましょう。

立地はよく、美味しい料理を作るノウハウもある、しかも自社で食材調達できるので原価率は低い。

お客さんさえ来てくれたらものすごく儲かる。

そんなレストランでも、マーケティングがないとお客さんは来てくれません。

逆に、いくらマーケティングが良くても、美味しい料理を作るノウハウがなかったり、原価率が高くて、人件費を上げ続けるだけの利幅がなければ、長続きしないでしょう。

ビジネスモデルとマーケティングを分解する

ビジネスモデルとマーケティングの違いについて書きましたが、まだまだ抽象度が高いですね。

面白いことに、この2つを分解すると、同じ構造になります。

つまり、こういうことです。

ビジネスモデルとマーケティングをよりかみ砕いていうと、戦略と戦術の掛け算です。

さらに端的に言えば「誰に、何を、どう売るか?」ということなんですね。

誰に、何を、どう売るか?

ビジネスモデルも、マーケティングも、いうなれば「誰に、何を、どう売るか?」ということです。

違いは、構造的な問題か、運営の問題か。

ビジネスモデルは構造的な側面を担い、マーケティングは運営の側面を担う

収益を上げるには、どちらも重要で、どちらが欠けても事業はうまく機能しない。

ホームページは、これらを考慮して制作すべきですが、多くの事業ではデザインにとらわれています。

ビジネスモデル×マーケティングを最大化させるWEBサイトを作らなくてはいけません。

ちなみに、戦略と戦術の違いについてはこちら。

戦略と戦術の違いマーケターのスキルとして最も大切だとされているのは、「戦略思考」といわれます。 その、戦略とは何か? 調べると様々な表現で解...
ABOUT ME
HICO(ぞろ屋)
バーテンダー➡料理人➡シニアソムリエ➡飲食店運営➡トップセールス・マーケター➡WEB制作/ECサイト運営/WEBライティング。 幅広い経験とスキルを活かしデザイナーやエンジニアでは作れない持続性のある戦略的サイト構築が得意。実はコンテスト受賞経験もあるシニアソムリエとしての顔も持つ。
大きな時代の変革期、負けない戦略はありますか?

世はまさに明治維新前後のような大変革期。人生も、ビジネスも『負けない戦略』が必要不可欠の時代となりました。

HICO’S BLOGでは、小規模ビジネスのための勝てるホームページ制作や売れる仕組み作り、ビジネスモデル・マーケティングなど、時代の流れにも競合他社にも【負けないコンテンツ】を忘備録としてとどめています。

ニュースレターでは<月に一度>当ブログコンテンツを定期的に配信していますので、ぜひあなたのビジネス、人生にお役立てください。

 

この記事も読んでみませんか?