高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

戦略とマーケテイング

アートの価値が高まる時代

投稿日:

働き方改革については以前も書きました。

>>>50%の職が消える時代に自由を選択すること

これまで「残業」という日本国民の汗と涙と、苦しみの結晶が、国力をなんとか保っていたのに、それをなくすことで一気に生産性は落ち、その上、消費税増税されればどうなるのか?

オリンピック景気まではもつかもしれませんが、その後、急激に経済は悪くなると考えてます。

個人的な意見としては、来たる経済不況の為に、働き方改革の前に、先手を打たないといけないと思いますが、社会の大きな流れは、拡声器で叫んでも変えようがない。

チャンス

ただ、見方を変えれば、この働き方改革はチャンスです。

10年後、価値ある仕事をするために、私たちひとりひとりが考え、スキルを蓄えるゆとりができた。

『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』と私自身の方向性は、決まっています。

独自性の構築。

単純労働は、ますます発達していくAIやロボットが担います。すでに半分以上の職が、AIとロボット化に置き換わると公言されていますから、ほぼ、確定した未来と捉えておかないと、取り返しがつかないことになります。

そうすると、やるべきことはただ一つ。

AIやロボットに出来ないスキルを磨くこと。それは同時に、他社との差別化にもなり独自性に繋がる。それが、不可価値を高くすると考えているのです。

アートの時代

私たちの価値は、大きく変わろうとしています。でも、どのように変わるのか?

はっきりわかりませんが、感覚的につかんでいるのは、アートの価値が高まる時代になるのではないかということ。

考えなくてもできる仕事、淡々と同じ作業をすれば良い単純労働は、AIやロボットに置き換わるでしょう。

それでは人が価値を生み出すには?と考えると、感性を高め、クリエイティブな仕事をすることは、誰もができることではありませんから、重宝されるはずです。

だから、独自性を高める必要があります。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-戦略とマーケテイング

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.