スポンサーリンク

戦略とマーケテイング

勝つべからざるは己にある

投稿日:

競合他社と何がどう違うのか?

何度か触れましたが、ホームページ作成サービスを格安で始めました。

>>>Webnodeを使ってのサイト作成

ココナラを見ていると、ひと月前に比べても、競合が増えたように思います。同じような価格帯で、同じようなサービス内容を出店している人も増えました。

考えてみれば、当然です。優れたホームページ作成ツールがそのサービスを競うように発展してきて、誰もがやろうと思えば、簡単にホームページを作ることができるようになりました。

ホームページ作成代行の需要

誰もがホームページを簡単に作れる時代。

それでも、制作代行するところにはまだ市場があると思っています。理由は、誰もが作れるから。

逆説的ですが、誰もが作れるということは、それだけ誰もが作れるようなホームページが氾濫するということで、その中で何が求められるかというと、ホームページ作成スキルよりもむしろ、マーケティング能力だと思うのです。

たとえば、キャッチだとか、トップの画像だとか、サイト構成や、親切さ、、、

ここのサイトは他とはなんか違う。ホームページを訪れてくれたユーザーの方にそう感じてもらえたら成功です。

HICOのホームページ作成サービスも、徐々に、そうした強みを前面に出していき、類似したサービスとは違う色を出していきたいと思います。

勝負どころは人間力

決して自分の事を優れているとか、人間力が高いとか思っているわけではありません。ただ、人を大事にしているということは自信を持って、言えます。デジタル社会で、顔もあわせることなく、声を聞くこともなく、ビジネスは成立してしまいますが、だからこそ、相手の立場に立って考えることが大事だと思うのです。

だから私が他社との違いを前面にだすのは、アナログの力。人間力です。

依頼者が望んでいることを真剣に察し、それに応えるだけではまだ足りない。依頼者自身も気付かなかった想いを引き出し形にして、期待以上の仕事をする。感動というのは、想定できたらダメなんです。

その為には日々、鍛えなければいけません。孫子の言葉に「勝つべからざるは己にある」とありますが、まず誰にも負けない態勢を整えることが大事だと繰り返し述べられています。独自性を自分の中に作っていくのは、そうした理由によるものです。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-戦略とマーケテイング

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.