高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

戦略とマーケテイング

重要事項を優先する

投稿日:

ゴールを確実に決めるために

『7つの習慣』はあまりにも有名です。

スティーブン・R・コヴィー氏によって、1996年に出版された本で、全世界で3000万部売れた大ベストセラーです。

私は、孫子の『兵法』に次いで、影響を受けた一冊で、目的を見失いそうなとき、上手くいかないときに手に取ることが多い本です。

7つの週間

簡単にご紹介すると、7つの習慣とは、人生を成功に導くための人格形成の在り方です。単に金銭的成功ではなく、人生の成功をゴールに設定しています。

この中で、第三の習慣として「最優先事項を優先する」というのがあります。

最優先事項を優先する

ゴール設定をすると、重要であること、そうでないこと、緊急性の高いこと、そうでないことが分類できますが、日々、疎かにしがちなのは、重要だが緊急でないことです。たとえば、『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』にとって、レストラン開業の為に独自メニューを考えておくのは重要ですが緊急ではありません。

それを認識し、日々の習慣として、行動する。この「開業奮闘記」はまさに、そのための習慣です。いついかなる時も、自分の目的を忘れないよう、毎日、更新することを義務付けました。

重要でないことをしないという選択

この習慣のポイントは、重要なことに対して自分の時間、労力をかけることと同時に、重要でないことをしない、という選択をすることとです。

ついつい、陥りがちなネットサーフィンや、ボーッとテレビを見る時間。厳密には無駄ではないのですが、しかしもっと自分が望む目的のために有用に使うことはできる。その意識付けに効果を発揮します。

このブログも、できるだけ、朝に構想を書き、できるところまで内容を詰めます。仕事を終え、さあ取り掛かろうとすると、一日の疲れもあって、進みません。それに、一日のはじめに、

俺は絶対、レストランを開業するんだ。その為に3000万の資金を稼ぐんだ。レストランを開業したら、お世話になった人に恩を返すんだ、本当の自由を勝ち取るんだ、、、

そんな風に、思い、考え、言葉にすることは目的をよりはっきりさせるために、とても効果的です。

この『7つの習慣』、夢を持つ人には特におすすめです。

完訳7つの習慣 [ スティーヴン・R.コヴィー ]

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-戦略とマーケテイング

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.