スポンサーリンク

戦略とマーケテイング

小さな独自ポイントを数多く作る

投稿日:

毎日コツコツ、受け皿を広く、大きくする

勝兵は先ず勝ちて而る後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いて而る後に勝を求む。

何度か引用させてもらってる『孫子の兵法』の一節です。

また、こんな一説も。

善く戦う者は、先ず勝つべからざるを為して、以て敵の勝つべきを待つ。勝つべからざるは己に在るも、勝つべきは敵に在り。

何を言いたいかと言うと、しっかり準備しておかないと勝てるものも勝てませんよということです。最終、勝つ理由も、負ける理由も、作るのは自分次第なのです。

HPのコンセプト

このサイト『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』のホームページは、ただのレストランサイトにはしません。以前、人生を豊かにするプラットフォームだと書きましたが、それがコンセプトです。

コツコツと、ブログを更新して、情報を集め、コンテンツを充実させ、サイトを訪れてくれたお客様が興味を持って、あれもこれも見たくなるようなページ作りを心がけます。そうすることで、受け皿は広く、大きくなる。

狙いは、ビッグバン

これから、開業までの間、コツコツと受け皿を広く、大きくする努力をしていくのですが、その目的のひとつは、ビッグバン。インターネットの世界は、SNSを始め、一瞬で世界中に広がる可能性を秘めています。HICOでは3か月先まで予約で埋められるようにしたいと思っていますから、認知度を高めるためにも、利用しない手はありあません。

独自ポイントを多く持つ

開業2年前から、毎日、記事を更新し、その思考過程を記録し続けているレストランはHICOだけでしょう。他が真似しようと思っても、同じくらいの時間をかけるには、相応の準備がいるので、容易ではありません。

カルツォーネにしぼったこと、溶岩焼を外で楽しんでもらうこと、高尾で完全予約制にすること、皿に既製品を使わないこと、独自料理を考案すること、メニューブックを写真集のように作ること・・・・

小さなことでいい、独自ポイントを数多く作り、不敗の地に立つことが、孫子的な戦略思考なのだと思います。これらが集積すれば、独自レストランになる。とにかく、考えに考え、独自ポイントを積み重ねていきたいと思います。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-戦略とマーケテイング

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.