高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

高尾PR計画

高尾PR計画~雨の日対策~

投稿日:

 

高尾山付近を一大テーマパークに!

2018年最後に、ひとつのテーマとして掲げたのが、高尾PR計画です。

高尾は自然が豊富ですから、春夏秋冬、ロケーションを楽しめます。

しかし、いま、高尾山の一大イベントというと、11月に開かれる「もみじ祭り」くらい。

これはもったいない。

すでに高尾山は登山客世界一です。その数、年間約260万人。

ただ、高尾山以外で、人が訪れる理由がありません。

ということは、天候が悪ければ人は来ませんし、2018年のように災害の多い年は、敬遠されます。

 

雨の日対策

多くの人は雨の日に登山しません。

高尾山がメインアトラクションですが、たとえ雨の日でも、人が訪れる理由を、作りたい。

ひとつにはイベントです。

11月のもみじ祭りだけでなく、毎月、何かしら、イベントをします。

高尾山周辺で協力して出来たら、なお良い。

年間イベントを企画する

1月は参拝客が減ると2月いっぱいまで、訪れる人も減りそうです。

ならば、はしご酒イベントをしてはどうでしょう?

周囲の飲食店で協力して、1dayチケットを作成し、そのチケットを見せると、各お店で一杯飲めるというような。

これは、町ぐるみでやっているところが現在もありますが、地域活性化につながります。

春先は、桜が咲くので、もみじ祭りではなく、単に「さくら祭り」として、桜を打ち出せばいい。

5月からの行楽シーズンは、体験イベントや、アウトドアを通して、子供たちが楽しめる企画なんか楽しそうです。

夏は、大々的に祭りしても良いですよね。

歴史がなくったっていいじゃないですか。これから作れば。

9月~10月は、音楽コンサートや、読書会。

アートイベントなんか、季節的に良さそうです。

11月はもみじ祭り、12月は、怒られそうですがイルミネーションやクリスマスイベントはどうですか?

ロケーションが良いですから、面白いと思います。

そんな感じで、年間イベントを作り、雨の日でも訪れてもらえる理由を作ります。

 

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-高尾PR計画

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.