その他、雑感・雑学

人の利益の為に私財を投ずる

 

食を生業としていると、避けては通れない悩みがあります。

食品ロスです。

日本では年間500~800万トンの食品ロスが出ています。

「安心安全の為」という正義のもとに、実際、捨てられているのです。

世界の飢餓人口は年々増えており、その数8憶2100万人だというのに。

 

私は、幸か不幸か、飢えを知りません。

日本人の多くが、同様でしょう。

たとえ借金まみれでも、お腹を満たす方法はある。

食は、生きていくためになくてはならない活動でありながら、エンターテイメントであり、経済であり、アートでもあります。

世界で見た時に、はたして私のやろうとしていることは正しいのか?

と考えてしまう時があるのです。

8億2100万にの人が苦しんでいる中、生きる為ではなく、楽しむため、感動する為、人生を豊かにするために食を提供する。

 

せめてもの償いとして、寄付することを考えたいと思います。

自分がどんなに苦しくても、人の為に私財をなげうつ。

そんな思いやりなしに、成功なんてできるでしょうか?

神様は、チャンスをくれるでしょうか?

たとえ、借金で首が回らなくても、他に分け与えるこころの余裕が欲しいですね。

 

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!