その他、雑感・雑学

本から得た知識と、実践の交流

「本から学ぶな、実践から学べ」

私は師から、そういわれたことがあります。

自分が望む結果を実現するために本を読むのも良しあしです。

いや、言い方を変えると、読み方には2通りあって、良い読み方と、良くない読み方があるということです。

人それぞれ、読み方はあるかもしれませんし、年代によって適切な読み方があると思います。

良い読み方、良くない読み方とは?

自分が望む結果につながるような読み方が、良い読み方です。

逆に、読んでも自分の中に何も残らないような読み方をすると、それはやっぱり良くない。

分かり切っていることです。

それは、本の質の問題、というより、読み手の問題なんです。

私は20代後半まで、手あたり次第、興味ある!と思ったら乱読してました。

そのわりに、学びを深められてなかったんですね。

知識か、実践か?

本の知識か、実践か。

どちらかではなく、両方大事なのですが、私はどうも、本から吸収する方を選んで生きてきたようです。

それが故に、師にはだいぶ叱られました。

「実践がわかってない!」

「だから結果を出せないんだ!」

と。

人生を変えるのに多くの本はいらない

いま私は、一段高いステージに立てたと思います。

本の読み方が変わったからです。

前は多読乱読。

でしたが、今は少読熟読。

同じ本を繰り返し、読むようにしました。

この本は自分が望む結果を出すために必要だ。

そう思える本だけに絞り、その本を自分の中にインストールできるくらいまで、繰り返し読むのです。

知識と実践の交流

そのように読み方を変えたら、本の知識と実践がリンクし始めたんですね。

本で学んだことが、実践で生きてきて、結果につながる。

実践で学んだことが、本を読むことで整理できて、自分のものになる。

そうした知識と実践の交流が盛んになったのです。

ずいぶん遠回りしましたが、たった一冊の良書をとことん学ぶと、実践に必ず生きてくる。

ということが分かりました。

そう考えると、自分の中にインストールできない量の本はいらないんですよね。

単純にエンターテイメントとして楽しむだけならいいかもしれませんが、時間は無限にあるわけではありません。

自分が望む結果を実現するための読書は、特に選別すべきでしょう。

私は自分で考えてるより、インストールできる容量が小さかった。

というのもあるんですけどね(笑)

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学

Copyright© HICO'S BLOG , 2020 All Rights Reserved.