その他、雑感・雑学

本から得た知識と、実践の交流

「本から学ぶな、実践から学べ」

私は師から、そういわれたことがあります。

自分が望む結果を実現するために本を読むのも良しあしです。

いや、言い方を変えると、読み方には2通りあって、良い読み方と、良くない読み方があるということです。

人それぞれ、読み方はあるかもしれませんし、年代によって適切な読み方があると思います。

良い読み方、良くない読み方とは?

自分が望む結果につながるような読み方が、良い読み方です。

逆に、読んでも自分の中に何も残らないような読み方をすると、それはやっぱり良くない。

分かり切っていることです。

それは、本の質の問題、というより、読み手の問題なんです。

私は20代後半まで、手あたり次第、興味ある!と思ったら乱読してました。

そのわりに、学びを深められてなかったんですね。

知識か、実践か?

本の知識か、実践か。

どちらかではなく、両方大事なのですが、私はどうも、本から吸収する方を選んで生きてきたようです。

それが故に、師にはだいぶ叱られました。

「実践がわかってない!」

「だから結果を出せないんだ!」

と。

人生を変えるのに多くの本はいらない

いま私は、一段高いステージに立てたと思います。

本の読み方が変わったからです。

前は多読乱読。

でしたが、今は少読熟読。

同じ本を繰り返し、読むようにしました。

この本は自分が望む結果を出すために必要だ。

そう思える本だけに絞り、その本を自分の中にインストールできるくらいまで、繰り返し読むのです。

知識と実践の交流

そのように読み方を変えたら、本の知識と実践がリンクし始めたんですね。

本で学んだことが、実践で生きてきて、結果につながる。

実践で学んだことが、本を読むことで整理できて、自分のものになる。

そうした知識と実践の交流が盛んになったのです。

ずいぶん遠回りしましたが、たった一冊の良書をとことん学ぶと、実践に必ず生きてくる。

ということが分かりました。

そう考えると、自分の中にインストールできない量の本はいらないんですよね。

単純にエンターテイメントとして楽しむだけならいいかもしれませんが、時間は無限にあるわけではありません。

自分が望む結果を実現するための読書は、特に選別すべきでしょう。

私は自分で考えてるより、インストールできる容量が小さかった。

というのもあるんですけどね(笑)

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!